« August 2009 | Main | October 2009 »

Sep 26, 2009

ジャグ・バンドのレコード (9)

Jug_band_9

久しぶりにジャグ・バンドのレコードです。今回は2枚。1枚目はCoralのEP盤「ジャズ・ミュージアム・シリーズ」から。
『Early Jug Band』とタイトルされた本盤は、オールド・サザン・ジャグ・バンドとフィリップス・ルイジアナ・ジャグ・バンドの二組が収められている。内容的には別段珍しいものではない。両バンドともRST盤、ジャズ・パースペクティヴ・シリーズの『クリフォード・ヘイズ&ザ・ルイヴィル・ジャグ・バンド』のそれぞれ第1集と第4集で簡単に聴ける。余談になるが、ジャグ好きは全4枚からなるこのシリーズはぜひコレクションしておいた方がいい。あるうち買うときや!だ。
CoralのこのEP盤シリーズはもう1枚、アラバマ・ウォッシュボード・ストンパーズ/アラバマ・ジャグ・バンドをカップリングした盤も手元にある。が、これらのバンドは当ブログでは散々取り上げてきたので、今回は省くこととします。

2枚目は、これは果たしてジャグ・バンドといえるか。なぜなら、ジャグ奏者がいないから(ただ、チューバ奏者がいて、これがジャグ的な効果を上げてはいるが)。
では、なぜあえてこれを「ジャグ・バンドのレコード」として取り上げるかというと、中村とうよう氏の次の一文による。
--------
最後に、ストリング・バンドとジャグ・バンドとジャズとのかかわりがそのまま戦後まで生きつづけてすばらしい音楽を生んだ稀有な実例として、ブラインド・ジェイムズ・キャンベルのレコード(Arhoolie F1015)をぜひお聞きになるよう推薦しておく。
「ジャグ・バンドをめぐって」/『ブラック・ミュージックとしてのジャズ』(ニューミュージック・マガジン社)
--------
こう言われれば、とりあえず聞かないわけにはいかない。
「稀有な実例」かどうかは当方、浅薄な知識にて何ともわかりかねるが、「すばらしい音楽」かどうかは、趣味の問題と絡んで意見の分かれるところではないか。私見ではやや平均的。

Early Jug Bands 1924/1930 (Coral 94262)
Blind James Campbell And His Nashville Street Band (Arhoolie F1015)

ガス・キャノンのスタックス盤、ニア・ミントとはいえ、ウィニング・ビッドが800ドルだって。あー。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

Sep 04, 2009

蒐集ノート/2009年夏

Image_014_2

安レコ買いのクセが直らない。この歳になったら、少々値は張ってもちょっと珍し目のオリジナル盤を月に二三度、1枚また1枚とポツポツと買っていくというようなスタンスでありたいと思うわけだが、気がつくと相も変わらず500円とか800円のレコードに目の色を変えて飛びついているのである。おかげで量ばかりは増えるけれど、こうして改めて棚にならんだレコードを見渡してみると、なんだがバーゲン会場の売れ残り品の寄せ集めのようなコレクションという有様。とほほ。
そんなわけで、この夏の安物買いの一部をば。

エリントンの黄金時代をまとめたお馴染みのこの2枚組アルバムは、フランス盤のバラになったやつを持っているが、300円(!)だったので買った。しかし300円て。盤、ジャケともにEX。
これ(画像右上)もお馴染みテスタメント盤。600円。この盤には、同じジャケットデザインで水色っぽいのもあるが、どちらが1stプレスなのかは分からない。これ、内容は最高なんだよな。愛聴盤。ということは、はい、そうです。持っているのに買ったというわけです。バカ。
ギャントはちょっと高かった。1000円。このリヴァーボート盤には“I Wonder”が入っている。
右下の赤いジャケは『幻の名盤読本』掲載のドン・バイアスのブラック&ホワイト盤。バイアスの一番いい時代をまとめているとの定評のある1枚。選曲も抜群にいい。実を言えばこの盤のセカンド・プレス盤を既に持っている。これも1000円だった。
最後はハーウィン盤。これはいままで何度か見かけはするのだけれど、高くて手が出なかった。といっても2000~3000円くらいなんだけど。でも800円であった。ラッキー!

しかし、いい大人が800円や1000円のレコードに一喜一憂しているなんて、いいのか、こんなことで。ま、いいんだが別に。

Image_016

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Sep 02, 2009

蟲~その二

なんだか今でも時々耳の中がモゾモゾするっていうか、違和感があるんだよなあ。というわけで、前回の話の続き。
「な、なにぃ! く、くもだとぉ!!」
そうか、やはり虫だったか。原因がはっきりして、これで安心した。って、安心してどうする。
ともかく、原因がわかればこっちのもんだ。早速またネット検索。
耳に虫が入った場合の対処方法としては、懐中電灯で耳元を照らしてその明かりで誘い出すとい方法が割合に多く出てきたが、しかしさらによく調べてみると、この方法は実際にはあまりうまくいかないようだ。逆にやってはいけないのが耳かき等を使うことで、これは虫がパニックになって、耳の中で暴れ、刺したり噛んだりということがあるらしい。
やはり一番いいのは、耳鼻科に行って捕ってもらうのがいいらしい。ちなみにその際の方法というのが、耳の中にオイルを入れて虫を溺死させ、その後虫を取り除くのだそうだ。
ふ~ん、そうなのか。それなら自分で耳の中に水でも入れようかと思ったが、しかし仮に溺死させることができたにしても、その虫を取り除くために結局は医者に行くことになるかもしれない。それならば、最初から医者に行けばいいわけだ。それでもう少し調べてみると「ほう!」という方法が。名付けて、燻し出し作戦。
これは耳の穴にタバコの煙を吹き入れて虫を燻し出そうというものである。
「よし、これだ!」と早速コンビニにタバコを買いに行って実家へ赴き(家族は誰もタバコを吸わない)、燻し出し作戦決行である。
まず、厚紙でジョウゴのようなものを作り、それを耳の穴へ。そしてそこへショートホープのキツメのけむりをフーッと。すると。
ガサガサガサ! おー!クモのやつ、さすがに慌てているようだ(笑)。
「お! 見えた、見えた!」
「よし! 頭か? ちょっと出てきたぞ!」
そしてそこをすかさずピンセットで…。
「え?! ウギャー! ム、ム、ム、ムカデーッ!!」

卒倒するといけないので、画像の方はやめておく(一応撮ったけど)。体長約2.5cm。想像してください。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

« August 2009 | Main | October 2009 »