« October 2009 | Main | December 2009 »

Nov 13, 2009

三勝五敗~その三

Brl100_2

サニー・ボーイ同様、イギリスのPWB(Post War Blues)もまた今回1枚手に入れることができた。ただPWBはこれが最後の1枚(?)で、これでこのレーベルはすべて揃ったと思う。多分。
で、最後の1枚というのはEP盤なのだが、しかし私、EP盤は大体が高いので本来なら手は出さない。が、今回は話が別だ。少しばかり気合いを入れて入札に臨んだところ、競争相手は二人、しかもほとんどスタート値で買えたのはラッキーだった。
ところでこの盤の出品者は、ブルース・カレンダーでお馴染み、ジョン・テフテラーだった。テフテラーって、SPばかりじゃなかったんだ。
実はもう1枚、テフテラー氏が出していたEP盤に入札したのだが(ホントはこちらの方が欲しかった)、こちらは結構な高値。もちろん撃沈であった。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Nov 11, 2009

三勝五敗~その二

Sbw_ii

さて前回のつづき。サニー・ボーイは昨年もストリーヴィル盤を入手しているが、今年もまた1枚手に入れることができた。
サニー・ボーイIIはチェスに人気が偏りすぎているのか、チェス以外のレコードはわりと安くで買える。これは前々から探していたもので、やはりジャケがいい。ただ、難点というか気にくわないのがマット・マーフィーのギター。マット・マーフィーっていう人は実にそつのない巧いギターを弾くんだけれど、でもただそつがないというだけで、面白くとも何ともないギターなのだ、これが。
サニー・ボーイは気長にコレクトしたいと思っている。来年はあれを手に入れたいなあ。

戦利品ネタはもう少し続きます。

【参考出品】 私が好きなサニー・ボーイのレコード
Bc9
サニー・ボーイI世とII世、どちらが好きでしょうか? 私はII世。

京都ホット・ディスクのカタログを見ていたらフランク・ハッチスンのドキュメント盤が。カタログに「レア」と書いてあるとおり、確かにそうだ。持ってはいるが、思わずもう1枚買っておくかと思ったくらい。でも今の懐具合がそれを許してくれない。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Nov 02, 2009

三勝五敗

Littlemisscornshucks

いろいろな理由からしばらくeBayは傍観するにとどめていたのだけれど、ここ二カ月ほどはいい物件がめじろ押しでどうにも我慢しきれず、久しぶりにいくつか入札に参加している。が、現在の成績は三勝五敗くらいか。「くらい」とあいまいなのは、落とせなかったものについてはなるべく早く脳の記憶細胞から追い出そうと努めているからで、何が落とせなかったのか今思い出そうとしても、「あれ?何だったっけか?」という具合なのである。これは私の精神の安定を図るためにいつの間にか身についた、いわば特技と言ってもいいくらいのものなのだけれど、ただひとつ、これだけは激しく尾を引いた。ブル・ムース・ジャクスンのオーディオ・ラボ盤。ニア・ミント。これを落とし損なったのがかなり痛かった。へこみにへこんで、食事はのどを通らず(ま、食べたけど)、立ち直るのに数日かかったくらいだ。ちなみに落札価格は300ドルだった。あ、そうだ、思い出した。キャピトルのパーカーもだった。あー、いやなことを思い出した。

しかし自分で言うのもなんだけど、なかなかいい物件も落としている。そのうちの1枚がチェスのリトル・ミス・コーンシャックス。彼女のCDは仏クラシックスに1枚あるが、それはチェス以前の録音を集めたもの。これはなぜかまだCD化されていないので、LPで持っている価値は十分あると思う。しかし、きっとこれはCD化されないだろうな。つまりは、そんな内容です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« October 2009 | Main | December 2009 »