« フライング・ホームの功罪 | Main | クラリネット衰退論 »

Dec 08, 2009

平成21年、戦前ブルース新譜

New_arrival

CDとCD-Rは似て非なるもの、との結論を得た。なるほど、そういうことだったのか。今頃、一人納得しております。面目ない。
さて、ドキュメントから新譜が出た。もちろん、戦前ブルース専門のあのレーベルからだ。戦前ブルースの新譜というと(新譜といえるかどうか分からないけど)、ブルース・カレンダーに付いてるオマケCDくらいのものじゃないかと思うが、こっちはオマケじゃなくてれっきとした販売用CDである。平成も21年。戦前ブルースの新譜である。なんだかしみじみするなあ。
ところがだ。これが残念なことにCD-R。そりゃないぜ。どうせiPodに入れて聴くんだろうから関係ないだろ、とでも言いたいのか。だったら、ダウンロードのみの販売にしたらどうだ。いや、ゴメン。iPod持ってません。とほほ。

というわけでまずはチャーリー・バース。オムニバスでは何曲か聴けたが、単独盤は初めてではなかったかと思う。メンフィス・ジャグ・バンドのメンバーで、しかしながらサウンド的にはメンフィス・ジャグ・バンドというよりもハーレム・ハムファッツに近い。
次。英KENTはミッティ・コリア、シュガー・パイ・デサントと、ここ数年まさにかゆいところに手が届くといった女性シンガーのリリースで一部マニアの話題を集めているが、このマキシン・ブラウンはなぜかほとんど口の端にも上らなかったような気がする。なぜだろ。そうか、ならば聴いてやろうという人はこちら
もう一枚のドキュメント盤は省略。

Charlie Burse and his Memphis Mudcats - Memphis Highway Stomp (Document)
Memphis Blues Vol.3: 1927-1930 (Document)
Maxine Brown - Best Of The Wand Years (Kent)

|

« フライング・ホームの功罪 | Main | クラリネット衰退論 »

Comments

ドキュメントなんかのCDRとCDの違いって
(盤の印刷だけの違いと違いますのか?)
僕ぁ いまだにわかりません、

戦前ブルースの新譜ってホント、みょぉ~な気分ですネ
あんまし考えると夜寝られません
それに僕ぁ新譜にゃあんまし縁がありません

マキシン・ブラウンっていい感じですネぇ~
(シュガー・パイさんよりイイ感じ)
って言うかオーソドックスなR&ビぃですナ

で、おかげさまで海外からCDが届いて感激してます
しかし僕でもダブってますから陛下さまなら
全曲ダブりじゃないでしょうか?
せやけどめちゃエエ感じですネ。


Posted by: ドクター | Dec 09, 2009 at 20:22

「CDとCD-Rは似て非なるもの」なのです。
大して変わらぬものなら、大手レーベルであろうとコストが
安くで済むCD-Rでいいわけです。
しかし…。詳しくは述べませんが。

フレモーのCDはもちろんダブりまくってますよ。
言い忘れましたが、フレモーは基本的に未発表音源やレア音源を期待する
レーベルではないのですよ(スンマセン)。
選曲のセンスの良さであるとか、良質の音を再確認するといった趣旨の
ものが多いです。聴いていて、そんな印象を受けられたかと思います。

マキシン・ブラウンはアーリー・ソウルの旨みが凝縮された感じが
いいでしょ。

Posted by: (や) | Dec 09, 2009 at 21:26

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/46959427

Listed below are links to weblogs that reference 平成21年、戦前ブルース新譜:

« フライング・ホームの功罪 | Main | クラリネット衰退論 »