« クラリネット衰退論 | Main | 音楽遍歴~その一 »

Jan 11, 2010

蒐集ノート~2009年下半期編

松の内も過ぎて、今ごろおめでうございますってこともないわけだが、一応2010年最初のエントリーとして、昨年下半期に入手したレコードを何点かご紹介して、新年の挨拶に代えさせていただきたいと思います。今年もかわらずよろしくお願いしますということで。と、画像をアップする前に一言。くれぐれも「あーこれねぇ。おれも持ってるよ」とか、「どこそこの店で800円で売ってました」などといった新年早々気持ちが萎えるようなコメントは付けませぬよう、よろしくお願い致します。

Decade_of_the_blues

まず1枚目。このUK盤、『Decade Of The Blues』は99枚しかプレスされていない。内容は戦後ダウンホーム・ブルース集といったもの。

Ojl2

これでまた「WANT LIST」から重要探求盤を1枚消すことができた。OJL2番のファースト・プレス。セカンド・プレスは持っているのだけれど、肝心なのはこいつを持っているぞという事実であり、所有感なのである。ま、ご意見は様々ありましょうが、所詮は自己満足の世界。放っておいてくれということだ。

Eddie_vinson

ヴィンスンの『Back In Town』は、見かけるのはAamco盤ばかり、オリジナルのベツレヘム盤はほとんど見ない。いや、たまに見かけはするが、コンディションに問題があってなかなか買えなかった。これは多少、ジャケットに裂けがあったりはするが、その他はまあまあ。それよりなにより900円というのが魅力だった。

Tbone

まさかこれが買えるとは思わなかった。もちろん、いくらでも出せるというのなら、手に入れることは簡単だ。しかし私にはそんな度量も甲斐性もない。そう、驚きの価格で手に入ったのである。国内盤CD、2枚分くらいか。

いやあ、中古レコードって、ホントいいもんですね! (Copyright(c) Haruo Mizuno)

|

« クラリネット衰退論 | Main | 音楽遍歴~その一 »

Comments

おっ、更新されてるじゃあ、ありませぬか!
いつも思うのですが、山崎さんは、コンデションが良いレコードを入手されてますねえ〜。T-Boneも綺麗そう。それが、CD2枚分の・・・それは、ラッキーですね、国内レコードショップでのプライスの1/10ですね。

ワタシも、実は、年末に神保町を会社帰りにぶらついていたところ、コンデション良好な戦後ブルースの78を8枚程、あり得ないプライスで入手!こんな時、興奮を抑え、さも当たり前のような顔でレジで支払いを済ませる。これはたまりませんな。

今年も、期待してますよ。

木下

Posted by: きのした | Jan 11, 2010 at 18:16

1/10のプライス! いいコメントです(笑)。
コンディションですが、店で買うときはともかく、なるべくVG+以上の
ものしか手を出さないようにしてますので。
それでもガックリくることもたまにありますが。
T-Boneは、そんなに安かったんなら多分ガタ盤だろうと思ってる方も
おられるかもしれませんが、盤/ジャケともにexcellentです。

探していたレコードを偶然見つけて、しかもそれが信じられないような安値!
そう滅多にあることじゃないけど、これはホントにタマランものです。
CDでは到底こんな楽しみは味わえませんね。

今年も気長にお付き合いいただければ幸いです。

Posted by: (や) | Jan 11, 2010 at 19:04

いやあ、中古レコードって、ホントいいもんですね!
(って、あぁ~た水野晴郎さんですか?)

いやぁ ご両人とも年の初めから豊作なようで
(うらやましぃかぎり)
ファーストとかセカンドとかコンディションの良し悪し?
(僕ぁ そんな贅沢言える立場ではない)
なのに最近ニッポン盤でも不作でした
(買うモン あれへん)

だけど「99枚しかプレスされていない」って
どうしてワカルんですか?
そういう資料があるんでしょうか
執念ってより怨念を感じました
(なんか横溝正史の世界ですナ)。

Posted by: ドクた、 | Jan 12, 2010 at 21:14

ファーストとかセカンドっていうのは、まあオリジナルか否かという、
つまり病的コダワリみたいなもんです。

「そういう資料」ですが、そういう本があるにはあります。
私は持ってないけど。
長いことレコード蒐集なんてことをやっていると、いろんなところで
いろんなこと(どうでもいいこと)を知るようになるってわけです。

今年は買う方も大事だけど、じっくりと聴く時間が欲しいです。

Posted by: (や) | Jan 13, 2010 at 00:01


 あーこれねぇ...
 LAの中古レコ屋で...
 あたたたっ
 どつかんでもよろしがなもー

Posted by: がちゃこ | Jan 16, 2010 at 22:50

これって、どれ?
いや、べつに言わなくてけっこうです。
やっぱりあれか…。

Posted by: (や) | Jan 17, 2010 at 18:16

はじめまして。
今日初めて見させてもらったら、なんとT-Boneの見たことがないジャケットの写真が! 素晴しいですね。それにCleanhead も! 一発でこのブログのファンになりました。これからも期待しています。
おととい私も渋谷で、Duke Ellington の1971のEnglish CocertというLP2枚組英国盤を1000円チョッとで見つけ幸せでした。Noris Turney のホッジスに捧げた自作の大名演が入っています。

Posted by: ヒロヤス | Jan 25, 2010 at 13:44

初めまして。
“Checkered Hat”! まるでホッジスが吹いてるかのようですね、あれ。
私が持っているのは国内盤ですが、ジャケは英国盤のほうがいいと
思います。

Tボーンのこれは初めてですか。10インチ盤です。
そんなに珍しいものではありませんが、エサ箱にはないかも。
多分、壁に掛かっているケースが多いんじゃ…。

なかなか更新しないブログですが、気が向いたらまたコメントくださいね。

Posted by: (や) | Jan 25, 2010 at 19:01

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/47200292

Listed below are links to weblogs that reference 蒐集ノート~2009年下半期編:

« クラリネット衰退論 | Main | 音楽遍歴~その一 »