« 音楽遍歴~その二 | Main | EXCAVATED SHELLAC: STRINGS »

Apr 15, 2010

音楽遍歴~その三

フュージョンという言葉を耳にし出したのは70年代の終わり頃だっただろうか。ちょうど僕が高校生の頃で、ただその頃僕は頑迷なロック/ブルース青年だったので、“そのような音楽”は興味の対象外として、わりとはっきりと拒否していた。
しかし、大学入学の頃からいよいよフュージョン・ブームは日本を席巻、日本各地での野外ジャズ・フェスティバルも大盛況、いやがおうにも耳に入ってくるようになった。するとロック/ブルース一途と突っ張ってはみても、その実ジャズも少なからず聴いていた僕は、ブームに乗って聴くことに抵抗感を持ちつつも、人(女の子)と会話ができる程度にはフュージョンを聴くようになっていたのだった。そういえばあのころ、FMのフュージョン番組なんかをよく聴いたなあ。

当時、その手の音楽で僕が好きなアーティストの一人にパット・メセニーがいた。その頃のメセニーというと、すでに『アメリカン・ガレージ』は出ていたが、日本ではまだメジャーになる二歩手前といったところだったと思う。
で、そのパット・メセニーが来日コンサートを行うというので、早速僕はチケットを買い求めてライブに出かけていったのだった。
会場は中ホール程度の広さだったが、案じていたとおり客はまばらとまでは言わないまでも、会場の広さに対して6~7割程度の入りだったのではないか。開場までの間、ロビーでタバコを吸っていると、学生服を着た少々老けた感じの高校生がつかつかと僕に近寄ってきた。そして彼曰く。こんなに素晴らしいアーティストが来ているというのに一体この客の入りはどうなっているのだ。となんか実に憤慨している様子。
しかし、やぶから棒にそんなこと言われたって。今でもちょっとわからないのは、なんで彼は大勢いる中からこの僕に近づいてきたのかということなんだけど。ふむ。


|

« 音楽遍歴~その二 | Main | EXCAVATED SHELLAC: STRINGS »

Comments

タははははぁ~ッ
そりゃもちろん自分と同じオーラ(ではなく)
ニオイを陛下さまから嗅ぎ取ったのでありましょう   lovely

僕もその頃、努めていた職場の総務課からなぜか
こんなチケットあるけどお前行く?って・・・
リー・リトナーでした(笑)
もったいないからもちろん行きましたが
(めちゃくちゃ上手かった)
それしか印象に残ってません(苦笑)

パット・メセニーは「80/81」と肝心のときに
ヘリコプターの騒音が聞こえるライブものが好きでした

今じゃエサ箱の片隅や段ボール箱に詰められ
バカみたいな値段で売られとりますが
捨てがたいアルバムもありますよネぇ
(てな事ぉ 最近僕も感じてたんスよ)。

Posted by: ドクた、 | Apr 16, 2010 at 21:16

「類は友を呼ぶ」って言いたいんでしょ…。
でも、あまり友になりたくないニオイだったんだよなあ、彼。
リー・リトナーといえば、当時ラリー・カールトンとよく比較されて
おりましたね。まあ私はどっちもどうでもいいって感じでありましたが。

フュージョンの落ちぶれ具合と言ったら、確かに100円でも
誰も買わないといった体たらく。
「フュージョンならこれ!」っていうのを紹介してくださいな。

Posted by: (や) | Apr 17, 2010 at 09:28

都内のディスク◯◯◯ンでは、3枚で100円コーナーですね。
何でやろ?
かく言うボクも、今や1枚も持ってません。

Posted by: きのした | Apr 18, 2010 at 21:37

フュージョンのレコードはすべて学生時代に買ったものですが、
数は多くないけど一応今でも持ってます。もっとも聴きはしませんが。

先日東京へ行った際、渋谷のレコファンを(たまたまですが)
のぞいてみたのですが、あれもこれもヤフオクのスタート値
みたいな値段。
レコードの値段て一体何なんだろうと思いましたね。
何だがバカバカしくなって1枚も買わず出てきました。

Posted by: (や) | Apr 19, 2010 at 18:26

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/48090468

Listed below are links to weblogs that reference 音楽遍歴~その三:

« 音楽遍歴~その二 | Main | EXCAVATED SHELLAC: STRINGS »