« 音楽遍歴~その三 | Main | 近着・1 »

May 13, 2010

EXCAVATED SHELLAC: STRINGS

Excavated_shellac_strings_2最近ハマっているのが左のこれ。世界の弦楽器音楽のレアなSP音源を集めてコンパイルしたという1枚。しかし一口に「世界の」といってもアルメニア、ボリヴィア、コンゴ、パラグアイ、クロアチア、レバノン、ウガンダと地図上のどこにあるのかすぐには指し示すことができないような国が目白押しで、だから弦楽器といってもウード(何だ?)だのタール(知らん)だのといった具合なのである。ちなみに日本からは三味線がエントリーされている。
リリース元は宗教音楽の木製ボックスや、戦前のベース・プレイヤーを集めた(これまた)ボックスという超マニアックなセットもので知られるDust-To-Digitalからだが、しかし惜しむらくはLPなんだな、これが。なんでLPなんだ。そういえば、最近はブルースの新譜がアナログ盤でリリースされているのをよく見かけるけれど、どうなってるんでしょうか。私、LPは好きだけど、こういうのはいただけない。CDとLP両方出すというならともかく。
今の時代に新譜をCDで出さずに、アナログ盤で出すというのは健全ではない。やはりCDで出すべきだと思う。

一曲のみ試聴できます。
V.A. - Excavated Shellac: Strings

|

« 音楽遍歴~その三 | Main | 近着・1 »

Comments

どうも。
えー、私も、ほぼ毎日、このレコードをターンテーブルにの乗せて、ビール飲んでます。

そうそう、Dust-To-Digitalが何でLP出すねん!?という感じですわ。
この類いの音源はデジのほうが、確かにありがたい。

Posted by: きのした | May 13, 2010 at 16:37

さすが、早い!
私も1日1回聴いてます。ビールは控えているので飲みませんが。
たまにはこういうのも聴いてみると新鮮でいいです。
ワールド系に足を突っ込んでみようかしらん。

Posted by: (や) | May 13, 2010 at 21:51

両巨匠がそんなにおハマりなら気になりますがナ

しかし新譜のLPって私の信念を持っての
購買基本理念に真っ向から相反するブツです
(ま、ただの安モン買いっちゅう事ですが)

困った困ったコマドリ・シスタ~ず
ぼ、僕ぁ・・・・・
(やはりLPは健全なる中古にかぎりますネ)。

Posted by: ドクた、 | May 15, 2010 at 12:04

文句の一つも言ってやりたいところ、渋々買いました。
でも中身はいい。

アマゾンに「在庫あり」となってますよ。
試しに買ってミルズ・ブラザーズ。
http://www.amazon.co.jp/Excavated-Shellac-Strings-Guitar-Analog/dp/B003D1968K/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=music&qid=1273894614&sr=8-1

Posted by: (や) | May 15, 2010 at 19:21

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/48346520

Listed below are links to weblogs that reference EXCAVATED SHELLAC: STRINGS:

« 音楽遍歴~その三 | Main | 近着・1 »