« 近着・1 | Main | 近着・3 »

Jun 18, 2010

近着・2

Newarrivals02

CDのつづき。

(1) Tiny Topsy/Lula Reed - Just A Little Bit (Ace)
(2) Freddie Hughes - Send My Baby Back (Kent)
(3) C.P. Love and Jimmy Dobbins - Malaco Soul Brothers Vol.2 (Soulscape)
(4) Cabaret Echoes: New Orleans Jazzers at Work 1918-1927 (Archeophone)
(5) Earl McDonald & The Great Louisville Jug Bands 1924 – 1931 (Frog)

(1)重量無差別級、タイニー・トプシーとナイス・バディのルラ・リードのフェデラル/クイーン録音集。1000枚の限定盤。京都のドク●氏はこの体型だけで「もうタマラン!」のだろうけど、私はノーマルな男なので、やはりルラ・リードですな。
大体が私、トプシーのようなガナリ系のパワー・シンガーは苦手なのだけれど、しかし結構いい曲が揃っている。2曲目なんか、かなり好きだ。一方のルラは61~62年録音で、62年の方の4曲は知っている人は知っている、フレディ・キングとの共演作品。
(2)ソウルに関しては門外漢なので、あれこれ言うのは控える。鈴木啓志著『U.S.ブラック・ディスク・ガイド』をお持ちの方は、「60年代のサザン/ディープ・ソウル」の項で取り上げられているので、そちらをご参照ください。
(3)上記同様、詳述は避ける。C.P. LOVEとJIMMY DOBBINSの未発表音源付きマラコ・ソウル集。C.P. LOVEのしみじみとした歌がたまらん。ところで、Jimmy Dobbinsの“Understanding”を聴いてスマップ(山崎まさよし)の「セロリ」を思い浮かべてしまうのは私だけでしょうか。
(4)初期ニューオーリンズ・ジャズ・バンドの録音を集めた2枚組コンピで、黒人ジャズ・バンドとして初めてレコーディングを行ったキッド・オリーに始まり、かなりマニアックなところまで掘り下げている。コレクション価値高し。ただ、ところどころに挟まれているインタビューはやはり余計だ。大体何しゃべっているか分からないし(とほほ)。よしんば分かったにしても、何回も聞く必要はないし、ライナーにすればいいだけではないのか。
同じくアーキオフォンから出ているオリヴァーの2枚組に加えて本盤も座右の盤としたい。
(5)特にコメントなし。           

つづく
                
TinytopsyLulareed

|

« 近着・1 | Main | 近着・3 »

Comments

あ、はい京都のドク・ですが
ダレが見たってナイス・バディはトプシーさんでしょう
(あなたノーマル?)私・アブ

しかしトプシーさんってボビー・ブランドの妹みたい
ベッドでガラゴロやられちゃ・・・
あ、もともと肉布団か

しかしどれも豪華版ですネ
特に下の2枚が気になるなぁ
って、こういうバカな事言ってる場合じゃないんですよ
僕は。

Posted by: ドク・、 | Jun 20, 2010 at 21:08

ブログ見ましたよ。やはり…。
いつかまた復帰されますことを。
メール/コメントは今までどおり、どうぞ遠慮なく。

僕もじき次のステージへ移行するかもしれませんが、
そのときはこっそりお教えしますよ。

Posted by: (や) | Jun 21, 2010 at 08:59

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/48635756

Listed below are links to weblogs that reference 近着・2:

« 近着・1 | Main | 近着・3 »