« ブルース&ジャズ・ピアノ33撰~Vol.1 | Main | ブルース&ジャズ・ピアノ33撰~Vol.3 »

Nov 12, 2010

ブルース&ジャズ・ピアノ33撰~Vol.2

Art_of_tatum

ジャズ評論家、粟村政昭氏によると、アート・テイタムのレコードについては二つの意見があって、昔のものを推す人とヴァーヴに残された大量の録音を高く買うという人に分かれるのだそうだ。
僕のような盲目的テイタム・ファンはデッカもブランズウィックもヴァーヴもそして私家録音に至るまで、どれがどうなどという区別はない。全時代、どれもいい。ただひとつ注釈を付けるとすれば「ピアノ・ソロが」だが。バンドものはやはりちょっと。タイニー・グライムス、スラム・スチュワートとのトリオは悪くはないが、僕も粟村氏同様スラムのベース、特にあのソロには「うんざり」なので、正直あまり聴きたくないというのが本音。でも、ヴァーヴのトリオは別格。できれば33撰に挙げたいのだけど。
というわけで、悩みに悩んで、日本で編まれた3枚組ボックスを挙げます。ちょっと反則っぽいですが。

|

« ブルース&ジャズ・ピアノ33撰~Vol.1 | Main | ブルース&ジャズ・ピアノ33撰~Vol.3 »

Comments

おはようございます。
Slam Stewartのベース、ボクも嫌です。ちょっとね。。

Verveのトリオは絶品ですよね。でも、パーフェクトなコンデションのものは少ないようですね。しかも、高いし、、(泣)。

Posted by: きのした | Nov 13, 2010 at 12:11

うう~む、僕ぁやっぱしお手軽な
「スタンダード」が好きかなぁ
(もっともまだ続編は未入手)

スラムさんえらく評判悪いっすネ
けっこうカワイイ顔してるから好きかな
(あ、そういう趣味はありませんが) boutique

でもあの人・アジアじゃ昔っから人気なんですヨ
みんなあの人をコピーして民族の音楽まで高めたみたぃ
     ↓
http://www.youtube.com/watch?v=Zj0nJ9sec2E&feature=related
(ち・ちがう?) sweat02

Posted by: ドクた、 | Nov 13, 2010 at 20:43

> きのしたさん
スラムのボウイング・ソロはホントに困ったもんです。
あのソロが許されるのは20曲に1回。
20曲全部やるなよってことです。
しかもどれも似たり寄ったりのソロだし。
なんで誰も何も言わないか。不思議です。
真面目に淡々と弾いてるときはそこそこいいベースだと思うんだけど。
誠に残念であります。

イエロー・トランペット、2回チャレンジして2回とも撃沈でしたdown

> ドクた、殿
でもテイタムって、基本的にどれもスタンダード集のような気も。
あ、それはトランスクリプション音源でしたっけ?
ストリーヴィルからCDで第9集まで出ているライヴ音源を集大成した
シリーズも必携です。

スリム&スラムは大好きなんですけどね。
ジャズメンとしてのスラムはハッキリダメです、僕は。

しかし、よく探しましたね、アジアのスラムgood

Posted by: かふぇそ | Nov 14, 2010 at 11:45

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/50003968

Listed below are links to weblogs that reference ブルース&ジャズ・ピアノ33撰~Vol.2:

« ブルース&ジャズ・ピアノ33撰~Vol.1 | Main | ブルース&ジャズ・ピアノ33撰~Vol.3 »