« ブルース&ジャズ・ピアノ33撰~Vol.3 | Main | RUMBA BLUES »

Dec 10, 2010

ブルース&ジャズ・ピアノ33撰~Vol.4

Fatswallerpianosolos

ファッツのピアノ・ソロ集というと、アメリカとフランスのRCAよりそれぞれ出ている2枚組アルバムが決定盤ということになると思うが、あれはやはり「ありふれている」という理由から、より精選された内容のコレクターズ盤を選んだ。もちろん、本盤の収録曲はすべて2枚組アルバムに含まれている。と思ったが、一応確認してみたところ「ハレルヤ」の1曲が2枚組盤には入っていなかった。
コレクターズはスイスのレーベルで、このLPは全部で4枚からなるシリーズの第3集になる。ちなみに第1、2集は「オルガン」、第4集が「アンド・ヒズ・リズム」となっていて、どれも内容はいい。
あとピアノ・ソロ集ではないが、『Fats Waller Plays And Sings』(Jazztone)もグレートな内容。私の愛聴盤である。

気分が落ち込んでいるとき、ファッツのピアノ・ソロを聴くと穏やかな気持ちを取り戻すことができる。私にとって、実にかけがえのないアーティストなのだ。

|

« ブルース&ジャズ・ピアノ33撰~Vol.3 | Main | RUMBA BLUES »

Comments

何とも、凛々しいFatsの写真ですね。
Fatsのオルガンもいい、His Buddiesも確かに良い。しかし、Fatsの真骨頂はHis Rhythmの録音ではなか!とボクなんかは思っています。日本人は、それらの録音をあまり評価してみないだけど。。

>気分が落ち込んでいるとき、ファッツのピアノ・ソロを聴くと穏やかな気持ちを取り戻すことができる。

まったく、その意見に同意します。音に演奏に、その人の成りが出るんでしょう。

Posted by: きのした | Dec 11, 2010 at 17:07

落ち込んでいるとき?
たぶん僕ぁ 違うモノ聴くと思います
というか落ち込みかたによって
ヴァリエーション変えますナ(たぶん)
「ロンドン・スイート」なんて癒されるかも
(お前は落ち込まないだろ?)
んな事 ありません

(Jazztone)?
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/122143512
大幅にボーナス減ったから入札できません
(落ち込むがナ)
CBSを見つけたら買おかな

先日ファッツさんとサッチモさんのセッション入手しました
(むちゃくちゃよろしいです)。

Posted by: ドクた、 | Dec 11, 2010 at 23:45

> きのしたさん

僕もファッツの録音はピアノ・ソロに限らずはどれも大好きです。
テイタム、エリントンと並んで僕の一番好きなジャズメンですから。

さて、次回は「ピアノ」は一回休んで新着CDをと思ってます。

> ドクた、殿

落ち込み方によってBGMがかわるって、一体どんな人生を歩んでるの?
で、見ましたが、うーん、これはどうでしょう。
こんなことを言ってはマズイのかもしれませんが、高過ぎでしょ。
基本的にファッツのレコードで、そんなに高いものってないと思いますが。
このJazztone盤にしたって、僕の感覚では2000円でおつりが
くるくらいですよ。実際僕もそれくらいで買ってますし。

Posted by: かふぇそ | Dec 12, 2010 at 19:43

あ、Fats さん。。。
な~んかこの人好きなんです。
Bluebirdの2枚組みCDとか、DVDのオマケ付きのとか・・・
気が付くと少しづつ手に入れてます。
しかし、このジャケ写真、凛々しすぎ!(笑)

Posted by: ken-G | Dec 19, 2010 at 01:47

はい、とても凛々しいですネ
(あ・もしもし・・・おトーさん?)
格式高いヴィンテージ音楽ブログで
発言してはいけませんネ

あ、それはそーとケンさんファッツさんのDVDアリガト
(キレイな脚ってやっぱイイなぁ~)
格式高いヴィンテージ音楽ブログを
メール代わりに使うな?

(今後 気をつけます)。

Posted by: ドクた、 | Dec 19, 2010 at 20:05

> ken-Gさん

道化た表情が多いファッツですが、これは珍しくすましております。

> Bluebirdの2枚組みCDとか
あれは名盤ですね。解説は油井氏でした。

> DVDのオマケ付きのとか
これもお徳用盤でした。同シリーズにはエリントンもあります。

> ドクた、殿

よくこれが電話をかけている写真であると気付きましたね。

「ベシェの伝記」で、そういえばベシェのバイオが書かれた本の
コピーを持っていたことを思い出して、あちらこちら探すも
見つからず。確かジョセフィン・ベイカーとの写真も載っていたはず。
本のタイトルも思い出せない。あー。

Posted by: かふぇそ | Dec 19, 2010 at 22:29

こんばんは。
今年も、山崎さんのブログ、楽しませていただきました。

私にとっては、今年のレコードの入手は不作でした。
お互い、良いレコードを入手したいものですね。

では、良い年をお迎えください。

Posted by: きのした | Dec 31, 2010 at 21:49

近年、食指を動かされるレコードがないのは、欲しいレコードは
ほとんど入手済みなんてことではなく、レコードに対する情熱が
冷めつつことに他ならないのであります。これはちゃんと自覚して
おります。
来年は、また再び情熱を取り戻したいです。
こちらこそ、よろしくお願いします。bottle

Posted by: かふぇそ | Dec 31, 2010 at 22:25

あけましておめでとうございます

最近CDは曲数が多すぎてコレに慣れてくると
やっぱLPはA面B面と分かれて
もっと聴いていたいという気持ちになります

今年もできるだけ安もの物色に励みたい
かように思っております

それでは本年もヨロシク願います。

Posted by: ドクた、 | Jan 02, 2011 at 09:10

いやかに安くていいレコを見つけるか。これです。
今年もよろしくお願いします。sun

Posted by: かふぇそ | Jan 02, 2011 at 21:44

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/50263999

Listed below are links to weblogs that reference ブルース&ジャズ・ピアノ33撰~Vol.4:

« ブルース&ジャズ・ピアノ33撰~Vol.3 | Main | RUMBA BLUES »