« RUMBA BLUES | Main | ブルー・ファイヴ »

Apr 27, 2011

蒐集ノート~雑感

前回から随分とあいだが空いてしまったが、正直書く気力がわいてこない。とりあえず、2月から今月にかけて買ったレコードでも。

Tiny Grimes - Big Time Guitar (United Artists)
V.A. - Blues In The Mississippi Night (United Artists)
V.A. - Swamp Blues (Blue Horizon)
Robert McCoy - Barrel House Blues And Jook Piano (Vulcan)
V.A. - Honky Tonk Train (Riverside)
V.A. - Blue Ladies (SPR)

内容については割愛。ただひとつ言っておくと、二千円以上出して買ったレコードは1枚もない。「ウソをつけ!」と言われるだろうか。ウソではない。本当です。

以下はCD。
V.A. - Classic Field Recordings (JSP)
V.A. - Country Music Pioneer (JSP)
V.A. - Houston Might Be Heaven (JSP)
V.A. - Liebling Luitpold: Swing Rumba & Kaffeehaus-Blues (Trikont)
V.A. - Melodisc Records of Hollywood (Pid)
Swamp Dogg - It's All Good (Kent)
V.A. - Music City Story (Ace)
V.A. - Ace Story Vol.3 (Ace)
Billy 'Red' Love - Gee... I Wish (Bear Family)
Duke Ellington - At the Cotton Club (Storyville)

JSPはすべて4枚組ボックス・セット。ほとんど聴いていない、つーか聴けるわけない。しかし、最近はブルース関係のリイシューで買うものといったらエイスとJSPばかりになってきた。いよいよCD時代も終焉か。なんか短かったなあ、CD時代。CDが売れなくなったと言われて久しいが、思うに今までが売れすぎていただけじゃなかったのか。CDは消耗品とばかり、音楽を短期間にものすごい勢いで消費していたのだ。棚から溢れたCDを見てつくづくそう思う。ダウンロードが主流になるのは当たり前の流れで、その点、趣味性の高いアナログ盤は永遠に不滅なのだ。
そんなことはさておき、独トリコントの『Swing Rumba~』は、前回の『Rumba Jazz』(Ryhthm and Blues/P-Vine)と同趣旨のもの。ただこちらは、かなりの好き者向け。
『Melodisc Records』はレーベル別コンピで、同レーベルからは次期リリースとして『Spar Records Story-Nashville's Great Unsung』というのも控えている。しかしこれまた3枚組なんだよなあ。

Mississippinight_2Tiny_grimes

|

« RUMBA BLUES | Main | ブルー・ファイヴ »

Comments

そんなにCDって売れてないんでしょうか?
入手困難っちゅうことで法外な値段つけてるのは
自分で自分のクビ絞めてるみたいっすネ

ドキュメントみたいにCDRで売るってのを
クラシックス盤でもやってほしいなぁ
(安価で一定期間のエリントンなら買うかも)heart02

「Blues In The Mississippi Night」のジャケは
よくある題材ですがズバ抜けてカッコいいっすネ
(コレなんだよなぁ LP)

やっぱブルース系が多いですねぇ
以外?(でもありませんか)
スワンプ・ドックが気になるなぁ eye

ペラジャケのコットンくらぶ1枚ではダメか
僕もコレ買おかなぁ
先日「JSP」1個買いましたがなかなかヨカッタです
よろしくとのことでしたので昨日
一番安いヘレンさんをクリック、戻るをクリックすると
(もう1枚買うんかぇ~?)って・・・・
あまり飲酒状態でPC触らん方がいいみたぃ coldsweats01

Posted by: ドクた、 | Apr 28, 2011 at 20:59

渋谷HMVが閉店、アメリカ・タワーも破綻と、CDソフトは
厳しい状況なのでしょう。
やはり、音楽をものとして持っておくことに価値を見いだせなく
なっているということではないのかと。かさばるしねぇ。
その点アナログ盤はもの自体に価値があるわけで、CDが廃れようとも
蒐集物として立派に生き残っていくのではないでしょうか。

『Blues In The Mississippi Night』はこの57年のUnited Artists盤が
オリジナルで、その後いくつかのレーベルから出し直され、
国内でも出されたことがあります(ジャケは全然違いますが)。

早速フォレスト嬢を買われましたか。CD?
楽しみに待っております。

スワンプ・ドッグも悪くないけど、ACEからもうじき出る
キャンディ・ステイトンが楽しみsign03

Posted by: かふぇそ | Apr 28, 2011 at 22:34

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/51505619

Listed below are links to weblogs that reference 蒐集ノート~雑感:

« RUMBA BLUES | Main | ブルー・ファイヴ »