« ブルー・ファイヴ | Main | Bill Coleman in Paris »

Jun 17, 2011

おもろい夫婦

P1000623

今日は久しぶりに雨が上がって晴れ間も見えた。気温も30度近くまで上がったらしい。たっぷりと汗を流して走りました。

戦前に活躍した夫婦デュオというと、まずもって思い出されるのがバタービーンズ&スージーではなかろうか。バックを務めるクラレンス・ウィリアムスとキング・オリヴァーの地味といえば地味なんだけど、質素の中にも哀愁感漂うバッキングに何とも言えない味わいがある。
そしてバタービーンズに比べると知名度はぐっと落ちるがグラント&ウィルスンがこれまたよい。このデュオがほとんど知られていないのはバタービーンズほどレコードがりイシューされてこなかったのが主な理由だと思うが、実際のところ私もこの夫婦名義のLPを見たことがない。あんなに大量の音源がCDでは出ているというのにだ。
きっとあると思うんだけどなあ。あればぜひ手に入れたいのだが。

明日はまた天気がくずれるそうだ。やれやれ。

|

« ブルー・ファイヴ | Main | Bill Coleman in Paris »

Comments

たっぷりと・・・走られたのですか
(あ、そですか)
ぼ・僕ぁね、生まれて初めて昨日・・・
ヒザに溜まった水を抜かれたんッスよ~ッ!
ぼ、僕ぁ・・(あ、もういいか)

で、バタービーンズ&スージージーさん?
名前さえ知らない僕ぁググりました
スージーさんはまったくもって私好みです
ジャケ見てるとどうも暴力主婦みたいだなぁ

ちょっとウチの奥様とカブりました
関西のさる球団が弱いからって
なんで僕がヴァイオレンスな目に会わなければ
いけないんでしょうか?理不尽です
しょーがないから今宵もヘレンに癒されて寝ます
(グスン)。


Posted by: ドクた、 | Jun 21, 2011 at 23:05

あらら。ひざをやりましたか。ひょっとしてもう走れないんじゃ…。
水の中を歩くのがいいと聞きますが、どうなんでしょう。

バタービーンズもいいけど、聞き飽きないという点からいうと
グラント&ウィルスンですか。バラエティに富んでるし。
ヴォードヴィル系ですが、バックがフレッチャー、バスター・ベイリー、
タイニー・パーハム、ブラインド・ブレイク、エディ・ラング、
バーナード・アディスン、そしてベシェ、シェイヴァース、
テディ・バンなど錚々たる顔ぶれ。

Posted by: かふぇそ | Jun 22, 2011 at 20:40

はいはい走るって事ぁ若干断念してますが
山は歩きたく思っておりますヨ
プールでは2・3度溺れかけて水をワインに変えろ
と申請しましたが受け入れてもらえません
(当たり前か)

グラント&ウィルスンのバックって・・・
ぎょえ~ッ!すごいの一言ですねぇ
(こりゃスゴイ)
タイニー・パーハムさんは今回比較的早めに入手
なんともしれん1曲がありました(たまらん!)
長いこと陽の目をみなかった
デューク・ジョーダンってピアニストとダブるよな・・
(あ、あの人は陽の目を見たか)

とにかく時代の流れの中で埋もれてる最高!
ではないけど(こりゃ捨てがたい)って人が
たくさん居られますなぁ

これからもいっぱい紹介して下さいまし
読者を代表して僭越ながら私から
お願い申し上げます(うふふフん)。

Posted by: ドクた、 | Jun 22, 2011 at 23:13

連日走っております。sunbeer

パーハムの1曲といいますと、私の場合は“Clarice”、
これにとどめをさすんであります。

ではまた近日中にショート・バージョンで更新したいと思います。

Posted by: かふぇそ | Jun 23, 2011 at 09:10

昨日は水の中に入って20分ほどで
溺れかけました shock

フム、“Clarice”?
たしかに・・・胸のど真ん中にキューンと
くるものがありますネ

僕は「BLUE ISLAND BLUES」
持った新聞バッたと落とし・聴き惚れました
オレに楯突いてのヶ?
(滅相もございません)
あんまし喋るとエントリーで言うことなくなるから
このくらいにしときます

それじゃ本日ぁミルドレッドさん聴いて寝ます。

Posted by: ドクた、 | Jun 24, 2011 at 22:05

僕は先月ダイナ・ワシントンを聴き過ぎて
ちょっとした女性恐怖層です。
もっと心優しいヴォーカルを!virgo

今日更新しようと思いましたが。残念。

Posted by: かふぇそ | Jun 25, 2011 at 23:26

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/51967659

Listed below are links to weblogs that reference おもろい夫婦:

« ブルー・ファイヴ | Main | Bill Coleman in Paris »