« おもろい夫婦 | Main | あった、あった/ジャック・ジェニー »

Jul 02, 2011

Bill Coleman in Paris

P1000624

1929年に始まった世界恐慌により半ば失業状態となったジャズメンたちが活動の場を求めてヨーロッパへと巡業(出稼ぎ)に出ることになる。サッチモ、エリントンをはじめ、コールマン・ホーキンス、ベニー・カーター、ディッキー・ウェルズ等々、人種偏見のない向こうでは、皆、賞賛と賛美をもって迎えられたようだ。そして長き巡業の旅を終え、本国へと帰還していくわけだが、中にはあまりの居心地の良さにそのまま居着いてしまった者もいた。シドニー・ベシェ、ビル・コールマンである。

というわけでコールマンのパリ・セッションはその内容の良さもさることながらジャンゴ・ラインハルトが参加していることから、昔から定評のある録音としてオールド・ジャズ・ファンには知られている。
サウンドは全体として軽妙洒脱、ジャイヴ感覚に溢れた演奏となっているが、これはビル本人のサッチモの影響下にありながらもあそこまで大げさになりすぎないソフトな歌い口と、そしてバックのジャンゴやオスカー・アレマンのバッキング・ギターによるところが大きい。あと個人的にはハーマン・チティスンの参加も特記しておきたい。

|

« おもろい夫婦 | Main | あった、あった/ジャック・ジェニー »

Comments

ありゃ?スワッギーといえば僕専用のレーベルだと・・
(ま、いいか)許可します、

と・言ってもコレ持ってないんですが
ひょっとしてボントロにディッキー・ウェルズ
入ってませんか?

パリはええトコやったてウチの娘も言ぅてました
どこでもフランス料理が食べられると・・
大きな間違いやったらしいです restaurant

Posted by: ドクた、 | Jul 02, 2011 at 12:20

ちなみにスワギーは全部…んなわけない。
でも長いことこのテの音楽を聴いてますと、スワギー以外にも
エイス・オブ・ハーツ、アルカディア、CJM、コレクターズ・アイテムズ、
ファウンテン、ヘップ、IAJRC、ジャズ・アーカイヴス、ジョーカー、
メリット、パーラフォン、レアリティーズ、RCAヴィンテージ、タックス、
TOM、VJMとたまっていきます。

残念ながらディッキー・ウェルズは参加しておりませんが、
彼のパリ録音もコールマンのものと並んで素晴らしい内容です。
ついでに言っておきますと、ディッキーのものは以前取り上げました。pen
念のため。

Posted by: かふぇそ | Jul 02, 2011 at 13:50

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/52098339

Listed below are links to weblogs that reference Bill Coleman in Paris:

« おもろい夫婦 | Main | あった、あった/ジャック・ジェニー »