« あった、あった/ジャック・ジェニー | Main | この一枚~Duke Ellington / Pianist »

Aug 07, 2011

ブルース&ジャズ・ピアノ33撰~Vol.5

P1000634

トーマス・ファミリーとは、ピアニストで自ら音楽出版会社を興した長男ジョージ・トーマス、20歳年の離れた弟でやはりピアニストのハーサル・トーマス、クラシック・ブルース・シンガーの妹、シッピー・ウォーレス、そしてシッピーの従妹にあたる兄ジョージの娘、ホシエル・トーマス、この4人を指す。
もちろん、ここで云々される対象となるのは20歳の若さで生涯を終えた夭折の天才ピアニスト、ハーサル・トーマス。天才で早世という境遇(食べ物が原因の中毒死とのことだが)がロバート・ジョンスンを想起させるわけだけど、それにしてもこの二人に限らず、天才とはなぜかくも早死になのか、それとも早世であるが故に天才として名が残るのか。確かにジミヘンは天才だがクラプトンは天才ではないもんな。ま、そんなことはどうでもいいか。

本題からはずれるが私、シッピーが結構かなり好きなのだ。クラシック・ブルース・シンガーの中で誰が一番好きかと問われればきっとシッピーと応える。ヴァージニア・リストンもいいけど。
で、シッピーの良さはその中庸さにある。すべてが過不足なく、しかもちょっと物憂げで、可憐で。特にクラレンス・ウィリアムスがバックを付けたのがよかったなあ。でもカムバック後のシッピーは正直ダメです。

P1000637

肝心のハーサルの話はまたの機会に。

|

« あった、あった/ジャック・ジェニー | Main | この一枚~Duke Ellington / Pianist »

Comments

あ~ 以前から言っておられたウィリアムスの伴奏って
シッピー・ウォーレスさんだったんですか
(と・いってもお付き合いありませんが)

ホーシェルさんはオムニバスで知ってますが
あんなデカイ従妹にお年玉とかあげてたんでしょうかネ
クリスチャンにブラントン確かに天才は・・・
(僕も気をつけます)

2連発の更新に全国のみなさまがよろこんで
おられるようですが僕の場合停滞してます
(学術的調査に時間を費やしておるのです)
アレでかぇ? sign02


Posted by: ドクた、 | Aug 08, 2011 at 00:10

クラレンス・ウィリアムスはピアニストとしてはそれほどのものでは
ないわけですが、歌伴ではいい味を発揮するんですなあ。
クラシック・ブルース系シンガーを聴いていて、
「ああ、このピアノはいいなあ」と思ってクレジットを見ると
クラレンス・ウィリアムスってことが多いのです。
先にエントリしたバタービーンズ&スージーもそう。

最近はもうほとんどレコードも買ってなくてこれといった更新ネタも
ないのですが、その点ドクた殿の「怒濤のレコ買い日記」が羨ましい!
僕は昔買ったやつを細々とアップすることぐらいしか。recycle

Posted by: かふぇそ | Aug 08, 2011 at 09:16

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/52396136

Listed below are links to weblogs that reference ブルース&ジャズ・ピアノ33撰~Vol.5:

« あった、あった/ジャック・ジェニー | Main | この一枚~Duke Ellington / Pianist »