« レーン・ハーディン~追記 | Main | BUBBER MILEY on LP »

Oct 17, 2011

テリトリー・バンド~セントルイス

Herwin114

前回、前々回と触れたレーン・ハーディンは、セントルイスのブルースマンで、件の戦前録音は同地のブルースマンを集めたマムリッシュのオムニバス盤、『HARD TIME BLUES』で聴くことができる。
ところでセントルイスというと、ピーティー・ウィートストロー、ウォルター・デイヴィス、ルーズヴェルト・サイクスといった大量の録音を残しているピアノ・ブルースマン達が思い浮かぶわけだが、では戦前ジャズのジャンルではどうだろうか。
というのも、先日テリトリー・バンド系のレコードをチェックしていたところ、ハーウィンの『St.Louis Jazz 1925-1927』が目についた。そういえば、セントルイスのジャズ・バンドを集めたLPが他にあったかなと。テリトリー系のLPというとカンザスやテキサスが多いが、セントルイスに関してはこのハーウィン盤以外ほとんど見ないし記憶もない。
それで、捜索を開始したところ、もう一枚出てきた。

P1000672
パーロフォンの『Jazz From St Louis 1924-1926』
全部で四つのバンドが収められているが、アルバムの中心はチャーリー・クリース率いるジャズ・オー・マニアックス。ブルース・ファンには、ロニー・ジョンスンが初録音を行ったバンドとして知られている。ちなみにジョンスンはこのときギターではなくヴァイオリンで参加しているが、これもよく知られたところか。
セントルイスのジャズと言っても特筆すべき特徴があるわけではない。サウンドは地理的に言ってもニューオーリンズ~シカゴのラインといっていいのではないか。
今回2枚を聴いたところ、頭一つ抜けていると思われるのがハーウィン盤収録のデューイ・ジャクスンズ・ピーコック・オーケストラ。濃厚なアンサンブルにアレンジメント、各プレイヤーの技量、どれをとっても一級品といえる出来映えである。

Charles_creaths_jazzomaniacs

Dewy_jackson

|

« レーン・ハーディン~追記 | Main | BUBBER MILEY on LP »

Comments

ロニ・ジョンがバイオリン弾いてたのは知ってるけど
あの連中がセント・ルイスとはなぁ
(セント・ルイスやからピアノなんでしょうかネ)

セント・ルイスの戦前ジャズてコレまた掴み所が・・
(まさにオー・マニアックス)
僕はJazz Oracleってレーベルから出てたCDの
ジェネット録音はちょとどことも違うサウンドと
感じてます、なんでですやろネ。

Posted by: ドクた、 | Oct 17, 2011 at 12:01

オラクルのジェネット? 確か2枚出ておりましたが、
アルフォンソ・トレントとかザック・ホワイトとか。
ザック・ホワイトのところにはサイ・オリヴァーがおりましたけど…。

次回はシカゴへ(?)

Posted by: かふぇそ | Oct 17, 2011 at 18:18

あー はいはい リッチモンドの方です
ザック・ホワイト(コレですコレです)
そうか他にはないよな独特の黒っぽい音は
サイ・オリバーの仕業だったのか
聴きなおしたらアル・シアーズの存在がデカかったfoot

アルフォンソ・トレントにはスタッフ・スミスが
まぎれ込んどったのですナ
ほてから例のスナブ・モズレーもたぶん
あのけったいな楽器で参加しとりました
やっぱこの頃の方がよく聞こえます(苦笑)。

Posted by: ドクた、 | Oct 18, 2011 at 12:39

そうだ、ザック・ホワイトのバンドにはハーマン・チティスンもいたんだ。
トレントもザック・ホワイトもかつてIAJRCなどのテリトリー系
オムニバス盤でリイシューされてましたが、その辺のLPもそのうち
紹介いたしましょう。

Posted by: かふぇそ | Oct 18, 2011 at 20:08

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/53011743

Listed below are links to weblogs that reference テリトリー・バンド~セントルイス:

« レーン・ハーディン~追記 | Main | BUBBER MILEY on LP »