« テリトリー・バンド~セントルイス | Main | GUT-BUCKET TROMBONES »

Nov 15, 2011

BUBBER MILEY on LP

P1000675

バッバー・マイレイは1932年、29歳という若さで亡くなっている。彼が残した録音というと、真っ先に挙がるのがエリントン・バンドのものということになるが、実はそれ以外にクラシック・ブルース・シンガーのバックを付けたものが相当数あり、すべて合わせるとその数はかなりの量に及ぶ。そんなバッバーの録音群だが、Charles Delaunayの『New Hot Discography』のマイレイの項を開くと次のとおり、要領よくつかむことができる。

(1) TEXAS BLUES DESTROYERS
(2) MARTHA COPELAND
(3) BUBBUER MILEY'S MILEAGE MAKERS
(4) LEO REISMAN'S ORCHESTRA

マイレイの単独盤は僕の知る限り、RCAのブラック&ホワイト・シリーズの1枚『Bubber Miley and His Friends 1929-1931』のみだが、そこに収録されているのは(3)と(4)。
前著では、クラシック・ブルース・シンガーはそれぞれ個別に記載されているが、なぜ(2)のマーサ・コープランだけがバッバーの項に紛れているのか不明。それはさておき、ほとんどのクラシック・ブルース・シンガーはドキュメント系でコンプリートの形でLP/CD化されている。もちろん彼女も例外ではない。
(1)の名義では2曲を吹き込んでおり、どちらも『Harlem Jazz 1921-1931』(CJM)で聴くことができる。

マイレイの項は以上だが、それら以外に以下のものがある。
(5) KANSAS CITY FIVE

このバンドはマイレイの他、ジェイク・フレイザー、エルマー・スノウデン、ルイ・フーパー、ボブ・フラーといったメンバーからなる。好事家ならご存じかと思うが、スノウデン以下の三人はスリー・ジョリー・マイナーズというトリオでの録音があり、ヒストリカルでLP化されている。てなことはおいといて、(5)はVJMの『The K.C. Five and The Stompin' Six』で聴ける。このLPはほとんどマイレイのバンドで埋められているが、他にサニー・クレイのバンドが4曲ほど混ざっている。

冒頭でも触れたように、バッバーはクラシック・ブルース・シンガーのバックを多く務めている。ベッシー・スミス、サラ・マーティン、ヴィオラ・マッコイ、モネッティ・ムーア、ジョジー・マイルス等々あるが、ここでは割愛。ちなみに彼の初録音は1921年10月12日、メイミー・スミスのバックであった。

前回のセントルイスのテリトリー・バンド関連のアルバムについて、もう1枚同じくパーロフォン盤が出てきた。このアルバムはセントルイスだけに限ったものではないが、ジェシ・ストーンとチャーリー・クリースが収められている。クリースは前回盤とはダブらない。

P1000677

|

« テリトリー・バンド~セントルイス | Main | GUT-BUCKET TROMBONES »

Comments

フランス読みでは泥ねぃさん?アラン・泥んとは関係無さソ
なんか高価そうな本ですネぇ(フランス語?)

ほてカンザスシティふぁぃブてめちゃまぎらわし名前ですねけど
このメンツはBOOKER'S JAZZ BAND 名義で録音してんのかな
(去年ソソのかされて買ってしまったブライアンの本)
ペリー・ブラッドフォードとかキティ・ブラウン?
(でんでん要領よくいきましぇん) typhoon

せやけど30年のカーマぃケルの録音であのビックスさんと
バッバーさんが同じくクレディットされてますが(たった2曲)
共演してるんでしょうか?
(コルネットバトルなんてやらかしてんのかナ)
てな事ぉ 妄想すると今晩・寝られまへんがなもー
(責任とってくれますゥ~?) smile

Posted by: ドクた、 | Nov 20, 2011 at 17:17

三日ほど留守にしておりました(余計な詮索はご無用)。

人名はなるべくカタカナ表記にしようと思っているのですが、
ちょっと読みに自信がなかったので。

Booker'sとは「一応」別のバンド。ちなみにブッカーズの方は
エルマー・スノウデンのIAJRC盤で聴けます。

ブライアンて、ブライアン・ラストの『Jazz Records』のことでしょうかsign02
マジ買ったすか?
僕はアレは滅多に見ない。だって面倒でしょ、二冊に分かれてるし。
『New Hot Discography』はラストのものとは違って、
読む楽しさがあります。同じディスコグラフィでも全然違います。
僕は中古(しかないけど)で安く手に入れました。二千円くらい。

カーマイケル楽団は、他にもトミー・ドーシー、グッドマン、
ヴェヌーティ、ラングといった豪華メンバーがそれぞれ短いソロを
とりますが、中でもドーシーと、それからやはり後半部での
ビックスのソロがいい(ロッキン・チェアの方)。
バッバーは導入部のところで、いかにもといったソロをとってます。

Posted by: かふぇそ | Nov 22, 2011 at 09:21

余計な詮索は無用? toilet bar spa kissmark
ちきしょ・・・annoy

あ、はいはいブライアン・ラストは河原町のおっちゃんに
「あなたのようなイケメンは持ってなアカン」
ま、そのようなフレーズにソソのかされ
(定期預金解約) moneybag  heart03
(とにかく重たぃ)

それにしてもスノーデンはどこにでもくび突っ込んでる
おっさんですなぁ
カーマイケル楽団については久しぶりに安眠できそ
せやけど僕・聴いてへんがナ
あの本から「ロッキン・チェア」は気になってましてん
結局 また・・・晩・寝苦しくなりソ catface

Posted by: ドクた、 | Nov 22, 2011 at 21:49

ラストのものまで買って…。
深みにはまってるなあ。
となると次はイエプセンか。

「ロッキン・チェア」は、カーマイケル作でありながら、曲そのものの
持つ良さというのがわずかトミー・ドーシーのソロに現れているだけで、
全体としてはイマイチな出来なのが残念。
やはり“ロッキン・チェア・レディ”ことミルドレッド・ベイリーか
ティーガーデンのヴァージョンがいいですね。

Posted by: かふぇそ | Nov 23, 2011 at 21:00

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/53216149

Listed below are links to weblogs that reference BUBBER MILEY on LP:

« テリトリー・バンド~セントルイス | Main | GUT-BUCKET TROMBONES »