« バップ・ピアニスト四天王(白人) | Main | 夫婦デュオの系譜 その二~GRANT AND WILSON on LP »

Mar 21, 2012

夫婦デュオの系譜 その一~グラント&ウィルスン

Docd5563ソニー・レコーズのルーツン・ブルース・シリーズの一枚に、『ローンチィ・ビジネス』というボーディ・ブルースを集めたコンピがある。ルシール・ボーガンやボ・カーターらの、お馴染みのボーディ・ソングに混じって、ハンター&ジェンキンスが2曲収められているのだが、これがこの夫婦デュオの名前がはっきりとクレジットされた初のCDではなかったかと思う。とは言っても、多くの方には「ハンター&ジェンキンス? 誰それ?」であろうか。ハンター&ジェンキンスは、グラント&ウィルソンの変名なのだが、それでもやはり「誰それ?」か。

ポール・オリヴァーの『ブルースの歴史』によると、1900年頃、シンガー/楽団の最大の稼ぎ場所は「劇場」であった。その盛況ぶりに目を付け1909年にTOBA(シアター・オウナーズ・ブッキング・エージェンシー)が発足、アーティストらにとってはかなりの低賃金という悪条件ではあったが、傘下にある40を超える劇場すべての契約が保証されるというしくみだった。こうした環境がクラシック・ブルース/ジャズ・シンガーを育て、評判を得ていったのである。話を少々端折るが、そうした中、黒人ヴォードヴィルで特に人気があったのが夫婦掛け合いの出し物で、そのスタイルを洗練の域にまで極めたのがバタービーンズ&スージーのコンビあり、その彼らに迫る人気を誇ったのがグラント&ウィルスンだった。

ところで、バタービーンズ&スージーは単独LPがあったのに対し、グラント&ウィルスンはドキュメントがコンプリートでCD化(全3枚)するまで、まとめて聴くことができるLPは(多分)なく、戦前ブルース/ジャズのオムニバスで1、2曲聴ける程度だった。

つづく…


|

« バップ・ピアニスト四天王(白人) | Main | 夫婦デュオの系譜 その二~GRANT AND WILSON on LP »

Comments

ウッsign01 あッsign03 この曲 shine
けっこうフランキー beer ジャクソンさん
(そのまま演ってはりますネ)

当然コチラが本家なんでしょうが
じつにええ感じ
(惚れてまゥやろーdash
っていうか欲しくなってくるなぁ

デラ・ボニから若干・視野が広がりました coldsweats01

Posted by: ドクた、 | Mar 23, 2012 at 00:08

これを「It's Tight Like That」系の曲とみれば、
タンパ・レッドとジョージア・トムのコンビがオリジナルと
いうことになるのでしょうね。

ハンター&ジェンキンス、オリジナル78sはVocalionです。
ぜひ探してください。

Posted by: かふぇそ | Mar 23, 2012 at 08:50

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/54277222

Listed below are links to weblogs that reference 夫婦デュオの系譜 その一~グラント&ウィルスン:

« バップ・ピアニスト四天王(白人) | Main | 夫婦デュオの系譜 その二~GRANT AND WILSON on LP »