« NORK~モートン~シメオン | Main | EP盤あれこれ その二 »

Apr 30, 2012

EP盤あれこれ その一

ジョン・チルトンの『Who's Who Of Jazz』を引くと、ロレンツォ・ティオ・Jrは1910年からオンワード・ブラス・バンドでプレイを始め、そして正式にクラリネットを教え始めたとある。ティオは1884年生まれであるから、若き新任教師といった風情であったろう。卒業生名簿にはバーニー・ビガード、ジョニー・ドッズ、アルバート・ニコラス、ジミー・ヌーン等々、多くの名プレイヤーたちが名前を連ねている。
1913年にはフレディ・ケパード、キング・オリヴァーらと共にアーリー・ジャズ期の巨人の一人と並び称されるコルネットの名手、オスカー・パパ・セレスティンのバンドへ加入。その後シカゴへ出るも1917年にニューオリンズへ戻り、翌年再びセレスティンと合流、ヴァイオリニストのアルマン・J・パイロンと仕事をするようになる。

実際にティオの演奏が聴けるのはジェリー・ロール・モートンのレッド・ホット・ペッパーズ、パイロンズ・ニューオリンズ・オーケストラ、クラシック・ブルース・シンガーのローラ・スミス、エヴァ・テイラーなどがある。

P1000715
画像は2枚ともEP盤。
PIRON NEW ORLEANS ORCHESTRA (Fontana)
OSCAR CELESTIN 1925-1928 (Philips)

|

« NORK~モートン~シメオン | Main | EP盤あれこれ その二 »

Comments

あ~ どーも(たぶん お休みのトコロ)
私の質問にエントリしていただき恐縮デス
(いゃ EP盤を見せビラかしただけやったんゃ)
サスガでございます sweat02

若き新任教師?(いいナぁ~ この表現!チキショっ)
漱石の「坊ちゃん」やろ?やろ?
教鞭をとってるシチュえ~しょんはというと
ヌぅ~オリンズの片田舎・寺小屋みたいなところで・・・・
(ちょっと待っとくんなはれ)
鼻水すすりながら教えを乞う少年ドッズを想像してもた

厳格なクラシックを信条とする家庭にあって
新しい音楽表現を目指した人かもしれませんネ shine
(自分を戒めてますネけど)
どぉ~してもロマン溢れる妄想をしてしまいます。confident

Posted by: ドクた、 | Apr 30, 2012 at 19:56

EP盤を見せびらかす? まあそういう意図もなくはないのですが、
前回エントリーが「つづく」で終わってますでしょ?
もとから、こういうつながりであったことはあったのです。
タイミングよくご質問いただきましたので、休日返上で
取り急ぎアップさせていただきましたけど。

パイロンズはサウンドにちょっとアーシーな部分があって
僕は好きです。

EPをもう少し続けたいと思うのですが、ちょっと先になりそうですpen

Posted by: かふぇそ | Apr 30, 2012 at 22:11

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« NORK~モートン~シメオン | Main | EP盤あれこれ その二 »