« EP盤あれこれ その二 | Main | EP盤あれこれ その四 »

May 11, 2012

EP盤あれこれ その三

オスカー・セレスティン、ODJBと続いたオランダ・フィリップスの「クラシック・ジャズ・マスターズ・シリーズ」からもう一枚、アルフォンソ・トレントと並ぶ、テキサスを代表するテリトリー・バンド、トロイ・フロイドを。
LPではニュー・ワールドのテリトリー系のオムニバスや、昨年11月に紹介した英パーラフォンの『Territory Bands 1926-29』、そしてこれまただいぶ以前に紹介したフォンタナの『Nothin' But The Blues』で聴けたのだけど、かなりのスキモノでないとご存じないかも。
代表曲は“Shadowland Blues”、“Dreamland Blues”の2曲のブルースで、後者ではベイシーのオール・アメリカン・リズム・セクションの一翼を担ったハーシャル・エヴァンス(グレート!)の初録音にして初のソロが聴ける。もちろん、ドン・アルバートのトランペットもいい。

P1000719
TROY FLOYD 1928-29 (Philips) [EP]

つづく…


|

« EP盤あれこれ その二 | Main | EP盤あれこれ その四 »

Comments

うう~ム、これはまさにEP盤の王道 bell
っていうかピッタシ感がありますねぇ

トロイ・フロイド、ぜったいドコかで聞いた名前やと
思って家捜ししましたが時間のムダ weep
でした、

タイムレスのCDは入手困難か
あ、しかし先日サンアントニオで活躍?
したかどーか けったいな楽団ブツを買いました
(また・サラぁ~っと流したく思います)苦笑。

Posted by: ドクた、 | May 12, 2012 at 21:04

考えてみると、トロイ・フロイドが単独盤であるっていうのがスゴイ。
EP盤ならではなのかもしれないけれど、買う人いるんですかね。
もうしばらくEPを続けたいと思いますので(もういい?)、よろしく。

サンアントニオというと、ブーツ&ヒズ・バディーズがけっこう有名です。
単独盤も出てます。

Posted by: かふぇそ | May 13, 2012 at 00:24

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« EP盤あれこれ その二 | Main | EP盤あれこれ その四 »