« April 2012 | Main | July 2012 »

May 11, 2012

EP盤あれこれ その三

オスカー・セレスティン、ODJBと続いたオランダ・フィリップスの「クラシック・ジャズ・マスターズ・シリーズ」からもう一枚、アルフォンソ・トレントと並ぶ、テキサスを代表するテリトリー・バンド、トロイ・フロイドを。
LPではニュー・ワールドのテリトリー系のオムニバスや、昨年11月に紹介した英パーラフォンの『Territory Bands 1926-29』、そしてこれまただいぶ以前に紹介したフォンタナの『Nothin' But The Blues』で聴けたのだけど、かなりのスキモノでないとご存じないかも。
代表曲は“Shadowland Blues”、“Dreamland Blues”の2曲のブルースで、後者ではベイシーのオール・アメリカン・リズム・セクションの一翼を担ったハーシャル・エヴァンス(グレート!)の初録音にして初のソロが聴ける。もちろん、ドン・アルバートのトランペットもいい。

P1000719
TROY FLOYD 1928-29 (Philips) [EP]

つづく…


| | Comments (2)

May 01, 2012

EP盤あれこれ その二

オリジナル・ディキシーランド・ジャズ・バンドは今さら言うまでもなく、ジャズ史上初の録音を行ったバンドであるが、リーダーで自称「ジャズの創始者」のニック・ラロッカの人物像は、ジャズ・ミュージシャンに到底あるまじき傲慢な差別主義者であったようだ。

--------
ラロッカは死ぬまで言い続けます。
ジャズは白人だけで創り出したものだと、黒人は関係ないと言い切りました。
ジャズのリズムをアフリカのものとして黒人にルーツを求める評論家もいる。
だが黒人は白人からこのリズムを教わったんだ。
どのジャンルの音楽でも白人のほうが黒人より上手だ。
~ニック・ラロッカ
『KEN BURNS JAZZ』より
--------

しかしこの時代、この手の人間は珍しくとも何ともなかったであろうし、むしろそういう時代であったわけだ。だがそんな中、数年の後にはオースチン・ハイスクール・ギャングと呼ばれる、黒人ジャズに傾倒し範をとった白人青年たちが出てくるのである。

P1000716
First Jazz Recording 1917 (Philips) [EP]

ODJBとルイジアナ・ファイヴのカップリング盤。ODJBの成功によって、雨後のたけのこの如く白人ジャズ・バンドが登場するわけだが、ルイジアナ・ファイヴはそんなバンドのひとつ。

ニック・ラロッカは25年、神経衰弱に苦しんで引退。

| | Comments (4)

« April 2012 | Main | July 2012 »