« EP盤あれこれ その五 | Main | EP盤あれこれ その七 »

Aug 30, 2012

EP盤あれこれ その六

P1000727

今回はジャズ・コレクターから二枚。ジャズ・コレクターというと、黒人がベッドに腰掛けているイラスト・ジャケがお馴染みなのではないかと思うけど、こういうちょっと素っ気ないのもある。
マウンド・シティ・ブルー・ブロワーズは、ラングがいなければノベルティ以外の何者でもない。ということを改めて感じる次第。
僕はマグシーがかなり好きだ。白人特有の哀愁感漂う歌わせ方と、かといって白人らしくない黒っぽいフィーリング、それらが混じり合った感じが何ともいいと僕は思うのだが。

MOUND CITY BLUE BLOWERS (Jazz Collector)
THE BUCKTOWN FIVE (Jazz Collector)

|

« EP盤あれこれ その五 | Main | EP盤あれこれ その七 »

Comments

マグシーは、確かにおっしゃるとおり。彼の奏でる音は、なかなかのもの。ピーウィー・ラッセルとのDISCへの録音なんて、いいですねえ。
マウンド・シティ・ブルー・ブロワーズは、うーん、かなり微妙なところ。ラングやホーキンスが参加していなければ、中途半端というか、面白みがないというか、、、。

Posted by: きのした | Aug 31, 2012 at 06:24

楽器ができないマッケンジーが「くし」をブーブー吹き鳴らして
「バンドでござい」で通用していたんだから、おおらかな時代だったと
いうか、何というか。

最近、ACE/KENTから結構いいCDが出ているのですね。
久しぶりにいろいろ注文しました。

Posted by: かふぇそ | Aug 31, 2012 at 10:13

最近は、ズボラになってしまい、キリがないので(当たり前?)、新発のCDをチェックしてないのです。
そうですか、今週末にでも、チェックしてみようと思います。

Posted by: きのした | Aug 31, 2012 at 20:17

う~ん、マグシーさんて昔買って、買いなおして
(全曲ダブリ)ナニしてんねゃ僕ぁ・・crying

思いおこせばあのにっぽん盤
(ジャズ栄光の巨人たち)それなりの技術で
描かれたマグシーさんの顔は傑作かもしれませんネ
ベシェとのコレが僕にはダブります
http://www.youtube.com/watch?v=Y-z7jMqH7TM&feature=player_detailpage

櫛の演奏しかり
わが道を行くスタイリストたちか coldsweats01

Posted by: ドクた、 | Aug 31, 2012 at 20:27

> きのしたさん

僕はきのしたさんがCDはよく買っているというのを聞いて、
たまにはCDもチェックしないといかんかなあというわけで、
ACEのサイトをのぞいたところ…というわけです。

Posted by: かふぇそ | Aug 31, 2012 at 22:55

> ドクた、殿

マグシーはよく調べて買わないとダブりやすいかも。
ファウンテン、スワギー、コモドア、あとコレクター・レーベルの
メリットにもいいアルバムがあります。

今日、本屋に行ってきました。
海外ミステリを3冊ほど買ってきました。

Posted by: かふぇそ | Aug 31, 2012 at 22:57

The comments to this entry are closed.

« EP盤あれこれ その五 | Main | EP盤あれこれ その七 »