« July 2012 | Main | September 2012 »

Aug 30, 2012

EP盤あれこれ その六

P1000727

今回はジャズ・コレクターから二枚。ジャズ・コレクターというと、黒人がベッドに腰掛けているイラスト・ジャケがお馴染みなのではないかと思うけど、こういうちょっと素っ気ないのもある。
マウンド・シティ・ブルー・ブロワーズは、ラングがいなければノベルティ以外の何者でもない。ということを改めて感じる次第。
僕はマグシーがかなり好きだ。白人特有の哀愁感漂う歌わせ方と、かといって白人らしくない黒っぽいフィーリング、それらが混じり合った感じが何ともいいと僕は思うのだが。

MOUND CITY BLUE BLOWERS (Jazz Collector)
THE BUCKTOWN FIVE (Jazz Collector)

| | Comments (6)

Aug 07, 2012

EP盤あれこれ その五

P1000723

セシル・スコット・アンド・ヒズ・ブライト・ボーイズを取り上げるのは実は今回が二度目になるのだけれど、どうせ覚えている人もいないだろうということで。
このバンドは、29年にブルーバードに4曲を残すのみのバンドだが、メンバーにはビル・コールマン、フランキー・ニュートンそしてデッキー・ウェルズと、スキモノが目を剥くメンバーを擁していた。
聴いてまず感じるのはアレンジの緻密さで、特にホーン陣のアンサブルがいい。アレンジャーはピアノのドン・フライだろうか。

仏RCAの「TREASURY OF JAZZ」シリーズは、EP、10インチ、12インチとあるが、どれもJAZZと大書きされた同じデザインで、番号も特に区別がなく、ジャケットを見ただけではそれがEPなのか何なのか判然としない。ちょっと厄介なシリーズと言える。

CECIL SCOTT and his bright boys (RCA)

| | Comments (2)

« July 2012 | Main | September 2012 »