« 春到来 | Main | 極私的レコード・カタログ~ゴスペル編 その一 »

Apr 03, 2013

マルチ・プレイヤー考

P1000796

マルチ・プレイヤーと言えば聞こえはいいが、これがワンマン・バンドのように「いっぺんに」というと、とたんにキワモノ性を帯びてくるわけである。
前回ジャズ・オラクルの話の中で出てきたウィルバー・スウェットマンは、クラリネットを3本同時にくわえて吹いたという人だが、この種の「マルチ・プレイヤー」というのはシリアスなジャズ・ファンからはかなりの確率で白眼視されるのではないかと思う。僕自身は逆にそういったものに好奇心が沸くタチだから、聴くことについてはいささかの障害も生じることはない。が、一応言っておくと、そういうのを好んで聴いているわけではないので、その辺のところは誤解なきよう。
ところで「複数同時にくわえる人」にローランド・カークがいる。カークはジャズメンとしてはビッグ・ネームだけれど、若干この人も特殊というか微妙な位置にいるんじゃないか。どうも今一つ正当な評価を受けにくい人という印象がある。ただしカークの場合は好き嫌いがはっきり分かれるのか、コアなファンが多いようだ。
昨年ワーナーからカークのアトランティック時代のCDがかなりの枚数出た。一枚千円ということもあって今年に入ってあれこれ買って聞いている。正直言って僕は好きだ。まあ、コアなファンとは言えないけど。
あともう一人、フランク・モトリーもそうだ。デュアル・トランペットといって、トランペットを2本同時に吹く。この人はジャンプ・ブルースの人。ただ上の二人に比べると音楽そのものが大しておもしろくないんだな。C~D級。ディープなブルース・ファンを自認する人でも聴いたことがあるって人はあまりいなんじゃなかな。

|

« 春到来 | Main | 極私的レコード・カタログ~ゴスペル編 その一 »

Comments

その辺のところは誤解なきよう・・・
と・念を押されるトコロに
(フムフムやっぱしなぁ)
と・十分ナットクさせられますデスね

アトランティックだからてっきりアッチの方だと思い
懐かしの女性グループ買っちまいました
(イマイチ) shock
しかしローランド・カークとはアクティブというか
あれだけのサックスをぶら下げるんだから
楽器に触る前にまずクビの筋トレでしょう 

すすんで聴こうとは思いませんでしたが
体調のいい時に聴くべきヒトに思えますなぁ drama
僕ぁ あまりにロマンティックな方ですから
ローランド・ハナは聴くんですけどネぇ

あとモダン系でもくつろぎのジャズ
(やっぱ お年頃かなぁ) spa

Posted by: ドクた、 | Apr 04, 2013 at 22:17

首の筋肉もだけど、肺活量も相当なもんでしょうねdash
エキセントリックなイメージを持たれているのかもしませんが、
けっこうまともといいますか、アルバムによっては正統派なものも
ありますよ。ジャッキ・バイヤードとのコンビはサイコーだと思うし。
でも無理して聴く必要はないです。

Posted by: かふぇそ | Apr 05, 2013 at 15:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 春到来 | Main | 極私的レコード・カタログ~ゴスペル編 その一 »