« Django Reinhardt on Vogue (1934-1951) | Main | 大量処分~その後 »

Dec 03, 2013

近況

10月から11月にかけて、CD/LPを二度ほど某所へ処分しました。合計で1800枚くらいか。一度目は思ったほど買取価格が上がらなかった。でもこれは仕方がない。とりあえず最初は程度の悪いものや、完全に要らないもの、つまりは誰も欲しがらんだろうというものがほとんどだったから。
二度目の処分品(段ボール18個分)はまだ結果が出ていない。査定に一カ月くらいかかるのだそうだ。判明するのはクリスマスのころだが、今回はちょっと程度を上げたからどうかな。
と、こんな僕の所業を知って、あらぬ妄想を巡らしておられる方もいるようだけど、はっきり言ってしまうとここ一年ほど自転車こぎが忙しく、音楽なんぞ聴いてる暇がない。それで持ってるだけで聞かないレコードやCDを処分しようと決心したわけ。けっこう金がかかるんだよなあ、自転車。音の方は聴かなくても頭に入ってるし、全然ノー・プロブレムなのだ。
年が明けたら三回目の処分を予定している。しかし、汲めども尽きぬじゃないけど、なかなか減らないんだよなあ、レコード。

|

« Django Reinhardt on Vogue (1934-1951) | Main | 大量処分~その後 »

Comments

こんばんわ 陛下さま

その某所ってトコロが気になるトコロですが
いやぁ~ ロードはともかくアッチはカネかかりますナぁ
(ワタクシのように)
ま、この辺でいいか という妥協を知らない陛下さま
トコトん行くタイプ
(しんどぃのはいーが も少しタイムアップを)
あの箇所をこのパーツに変更しなアカンとか?
(けっきょく自転車1台買い替えかぃ)
ともかく自転車で安心しました

例のスナック嬢・マリちゃんからマンション買ってくれなきゃ
もう・・・てな事いわれて処分されてるのではと危惧してました
(マリは性悪女です)あんなん相手にしたらあきまへん
ソコを奥さまに発見され窮地に陥っておられるのでは?

誤解を解きにワタクシ飛行機乗って現地に赴こうと
ところでパスポート要りまんにゃろか歯ブラシ持参するかとか
そゆ事まで心配になってもて
(数日・眠れぬ夜を過ごしました)
 
自転車でよかったです、それに音源は脳内インプットされてる?
サスガでございます(僕なんかブツがなけりゃ・・やっぱし)。

Posted by: ドクた、 | Dec 03, 2013 at 20:34

某所っていうのはDユニオンです。ほかと比べていいのかどうかは
ちょっとわからないのだけど、けっこう良心的な方ではないかと。

おっしゃるとおり、トコトン行くタイプなのですが、
経済が追いつかないというか。で、これはもうレコード処分だ!と。

そうそう、タイムなのですよ。年齢的にキツイ部分もあるのですが
半年計画で脚力アップを図ろうと週末はヒルクライムでヘロヘロ、
トレーニングに励む日々です。

というわけで、レコードやCDを聴いてるヒマがない。
当ブログも、そのうち自転車ブログになるかも?bicycle

Posted by: かふぇそ | Dec 04, 2013 at 20:06

レコードの処分大変そうですね。でも擦り切れたレコードもきちんとデジタル化されたかのように聞ける装置があるんですよ。針なしでレーザーを照射して音を再現するのです。100万円位しますが、レコードからCDにその装置を使って変換してからでも遅くはないと思います。
私は、何年か前にアーティーショーの件でお邪魔したものです。Saturday Nigahtのアーティーショー版がないかと尋ねたものです。今回は、「博士の異常な愛情」のラストで水爆が続々爆発するシーンで流れる「We'll meet again.」についてですが、これJAZZですよね。私の持っているCDではBenny Goodman&Peggy Leeでやってるものがあります。本家のVera Lynnよりもアップテンポな感じがしました。他の人にはどんな感じがしたのでしょうか?知りたいです。

Posted by: arai | Jan 03, 2014 at 20:01

そのプレイヤーは知ってはいるのですが、いくらんでも100万円じゃ…。
それに千枚単位のレコードをCD化するんなんて、一体どれくらいの時間が
必要なのか。
それより何より、そんなお金があったらそもそもレコードやCDを
売る必要なんてないですよ(笑)。

そんなことはともかく。
「博士の異常な愛情」というのを、僕は寡聞にして知らなかったのですが、
言われている音(映像)は、YouTubeで見られるやつだということを前提に。
聞いた感じではいわゆるあの時代の(オーソドックスな)ジャズだと
思いました。
あえて他の言い方を探せばポップスなんでしょうけど、
40年代のポップスがジャズであったりしますから。

というわけで、今年もよろしくお願いします。

Posted by: かふぇそ | Jan 05, 2014 at 00:40

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/58688490

Listed below are links to weblogs that reference 近況:

« Django Reinhardt on Vogue (1934-1951) | Main | 大量処分~その後 »