« CDベスト5~2014 | Main | 発掘良盤2014~ウィスパリング・スミス »

Jan 08, 2015

発掘良盤2014~スタン・ケントン

Stan_kenton

ビッグ・バンドといえばエリントンとベイシーに淘汰されてしまった感が強いわけであるが、平成も27年、スタン・ケントンをアート・ペッパーやコニッツ、カンドリあるいはアニタ・オデイ、ジューン・クリスティといった絡みなしに、ケントンのみに思い入れを持って聴く人っているのか。正直僕もそれほど好きではない。LPを2、3枚持っていたが、例によって売ってしまった。
と、そこへもってきて邦題を『黄金時代のスタン・ケントン1940-1955』、CD5枚組の何とも立派なボックスである。
僕がこの中古のボックスを買ったのは、91年発売のこのセットが粟村政昭氏が関わった仕事として、おそらく最後のものだからというのがその理由。今年は尊敬する粟村氏を偲びつつ、本セットをじっくり時間をかけて聞き込みたいと思っているが、果たしてものにできるかどうか。

■THE CREATIVE WORLD OF STAN KENTON

|

« CDベスト5~2014 | Main | 発掘良盤2014~ウィスパリング・スミス »

Comments

へぇ~ スタンケントンさんの黄金時代は
40年から55年ですかぁ
けっこう沢山あるんでナニを買ったらいーか
(ワカランので保留にしてますが)

CD5枚は1枚目で満腹状態になりそ・・
(処分されたワリに背景の棚がいやに充実してソ)

ナニか指針を与えられるかなぁ
(今夜は粟村せんせぃの本をもっかいぃ読んで寝ョ)。

Posted by: ドクた、 | Jan 13, 2015 at 00:12

これはキャピトル・レコードの創立50周年を記念して出された企画ものの
ひとつでして、監修は油井先生ですが、ケントンということで粟村氏に
白羽の矢を立てたのではないかと推察する次第です。
つまり40~55年というのは、キャピトル録音ということです。
でも黄金時代=キャピトルと言っていいのではないかと思います。

レコード棚に収まるだけ残して処分したのであります。
何年かぶりに床のフローリングが出現しました。

Posted by: かふぇそ | Jan 13, 2015 at 16:42

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/60915451

Listed below are links to weblogs that reference 発掘良盤2014~スタン・ケントン:

« CDベスト5~2014 | Main | 発掘良盤2014~ウィスパリング・スミス »