« Orrin Evans - It Was Beauty | Main | 発掘良盤2014~スタン・ケントン »

Jan 06, 2015

CDベスト5~2014

2014年に買ったCDの中からベスト5を。ていうか、2014年に買ったCDが5枚と言ってもいいかもw
順不同です。
■V.A. - Bluesin' By The Bayou ~ Rough 'n' Tough (Ace)
■EDDY GILES - Southern Soul Brother (Ace)
■V.A. - Irish Dance Music (Topic Records)
■V.A. - Ya Gotta Quit Kickin' My Dog Around (JSP)
■DAVID KIKOSKI - Inner Trust (Criss Cross)

アイルランドのダンス・ミュージックについてはアメリカン・ルーツ・ミュージックとして昔から興味を抱いていて、なかでもユニバーサル・ミュージックから出ていた『フィドラーズ・フィールド』は愛聴盤の1枚だった。そこで聞かれるジグとかリールとかが好きで、常々他にCDがないものかと思っていたのだけど、そんな中ライス・レコードが『アイリッシュ・ダンス・ミュージックの名手たち』という、まさしくこれは私にドンピシャのタイトルではないかというCDをリリースすることが判明。よっしゃ注文へと。ところがこのCD、実は95年にトピック・レコードがリリースしたもので、さらにはフォークウェイズのLPが元になっているという由緒正しきものだった。というわけで安い輸入盤の購入へと至った次第。
JSPは20~40年代のカントリー/ヒルビリー集で、これはボックスではない。しかしそこがいいところ。カーター・ファミリー、クリフ・カーライル、デルモア・ブラーズ、ダービー&タールトンはやっぱりいいなあと思いつつ、でもこれらのアーティストの単独盤、昨年ほとんど手放してしまったんだよなあ。まったく何をやっているんだか。
デヴィッド・キコスキーは98年クリス・クロス。これはレオン・パーカーのドラムに尽きるのではないでしょうか。
『Bluesin' By The Bayou』と『Eddy Giles』はコメント割愛。

Blusin_bayou2Ya_gotta_quit_kickin2Orish_dance_music

Eddygiles03David_kikoski

|

« Orrin Evans - It Was Beauty | Main | 発掘良盤2014~スタン・ケントン »

Comments

こんばんわ 陛下さま
新年早々お疲れさまです

5枚だけってことぁなかったと思いますが
その時空を超えた5枚をサラっと流す苦慮が
垣間見え、大海原の如くお耳の広角レンズか
視野の広さに脱帽です

どれもコレも興味深いCDっすねぇ
デヴィッド・キコスキーさんはオリン・エヴァンスさんより
とっつきやすそー(見た目で判断してませんが)

「Louisiana Swamp Blues」のボックスは
入ってないんでしょうかネ?
(あのパキパキギター音が耳に張り付いてます)。

Posted by: ドクた、 | Jan 06, 2015 at 21:28

あー、でもベスト10は無理かも。
あと、掘り出し物を少しだけアップしようかと思ってます。

一見広そうに見えますが、そうでもないです。
『Irish Dance Music』とJSPのオールド・カントリー集は
オールド・ハット、ドキュメント8000番の世界。
戦前ブルースが好きな人ならすんなり聴けます。

『スワンプ・ブルース』気に入られたようで良かったです。
ギター・ゲイブルなんて、まとめて聴けるものがないですもんね。

今年もよろしくお願いします。aries

Posted by: かふぇそ | Jan 07, 2015 at 09:40

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/60789339

Listed below are links to weblogs that reference CDベスト5~2014:

« Orrin Evans - It Was Beauty | Main | 発掘良盤2014~スタン・ケントン »