« CDベスト5~2015(その5) | Main | ファッツ・ウォーラー再び »

Jan 15, 2016

ジャイブ33撰~Pat Flowers

Patflowers

ジャイブ33撰といっても「何それ?」か。拙ブログのサイドバーにあるフォト集なんですが、「ジャイブのレコードならこれだ!」ってのを独断と偏見に基づいて選定しているのであります。ブログ本体は更新せざること山の如しであるが、この33撰は地味に更新しているのである。
というわけで、今回29枚目に挙げたのがパット・フラワーズ。選んだLPはコレクターズ・アイテムズ盤『Friends Of Fats』。つまりファッツ・ウォーラー・フォロワーを集めたオムニバス盤である。ところでパットの単独盤LPというと仏ブラック&ブルーに一枚あるが、これが70年代に入っての録音集で、ヴィンテージ期のものに比べると正直弱い。ちなみにバックにジミー・シャーリー、スラム・スチュワートといった往時の名バイプレイヤーが付いているので、お好きな方はどうぞといったところ。
さてコレクターズ・アイテムズ盤だが、パットは全部で6曲収録(うち2曲はインストゥルメンタル)、他にエメット・マシューズ、ジーン・セドリックといったところが収められている。肝心のパットはというと、これがもうまるでファッツそのもので、フォロワーを通り越してイミテーターといったあんばい。というのもパットはファッツのマネージャーでもあったエド・カークビーに見出され、ファッツの後継者として売り出されたのであった。
Friends_of_fats21945年2月に行われた「ファッツ・ウォーラー・メモリアル・ショー」ではバックにアル・ケイシーやジーン・セドリックといったファッツのアンド・ヒズ・リズムでお馴染みのメンバーに加え、さらにゲストとしてルイ・アームストロング、レッド・ノーヴォ、トミー・ドーシー、ジェイムス・P・ジョンソン、ミルドレッド・ベイリーといった豪華な顔ぶれが揃った見事なショーであったが、同時にエド・カークビーのパットに対する並々ならぬ力の入れようがうかがわれるものだった。このときのライヴの模様はかつてLPでも出ていたが、今は上の画像のクラシックス盤ですべて聴ける。もっともこのクラシックス盤もとっくに廃盤で手に入るかどうかあやしいが。
コレクターズ・アイテムズ盤に話を戻すが、今回取り上げた『Friends Of Fats』には続編となる第2集がある。やはりパットは6曲収められている(歌入りは2曲)。他にはジーン・ロジャース、カウント・ベイシー、ルビー・スミスが選曲されている。さほど珍しいレコードでもないので、クラシックスの2枚のCDを探すよりかは、簡単に手に入ると思う。

|

« CDベスト5~2015(その5) | Main | ファッツ・ウォーラー再び »

Comments

ほぇ~ 一体ファッツさんのフォロワーって何人くらい
存在しまんねやろ?
またソレが売れるってトコロにUSA国民の良心を
感じさせますネ drama

その1945年2月のショーというのはめちゃくちゃ
ソソられますが、70年代に入ってのスラムってのは・・
まだベース弾きながらハモってまんねやろか?

先日サヴォイ盤やったかサミー・プライス落札したら
ジミー・シャーリーがチョビっと参加してて
けっこうマトモなブルース・ギターでビックリしました
(ヒトは見かけによらぬもの)。

Posted by: ドクた、 | Jan 15, 2016 at 22:36

スラムの“あのソロ”っていうのは、演ってる本人のみ悦に入って、
聴いてるこっちはうんざりさせられるわけですが、
僕がいつも(?)言っているように、あの手のソロが許されるのは
10曲に1回。10曲全部演ってはいけない。大体全部一緒ではないか!
と、毒を吐いてスッキリしたところで
「安心してください! 演ってませんよ」
スラムも年を経てやっとベースの何たるかがわかったのでしょうヽ(*´з`*)ノ
ジミー・シャリーのほうはそこそこソロをとってます。
が、正直言ってそれなりです。

サヴォイのプライスはかなりジャンプ色が強いでしょ。
ミッキー・ベイカーもかなり活躍してますね。

Posted by: かふぇそ | Jan 16, 2016 at 17:44

はぁ~ 世のベーシストというのは自分に
酔いしれてまぅ傾向があるのかも知れませんが
いちおー スラムさんもあのテイタムという神様と
ご共演されたのですからと・・・・遠慮してましたが

陛下さまがズバっと核心を突いていただき
我々庶民は胸のすく思いでごぜぇます

えーと入手だけして聴けないのが現状ですが
サヴォぃのプライスはコレ
        ↓
http://mlon.jp/detail.asp?pp=23&ID=10909&lbl=Savoy&art=&gnr=JAZZ&lbl2=&sno=&

あ、失礼しました、プライスでなくピートの名義やったですネ
ボヨヨぉ~んもいいけど録音数の少ない
ジミー・シャーリー、ここでの仕事も僕は好きです。

Posted by: ドクた、 | Jan 16, 2016 at 21:35

たびたび失礼しますが 正確にはコッチ
      ↓
http://www.discogs.com/Pete-Johnson-Petes-Blues/release/5374955

内容はコレなんでっけど
レコード番号がちがうなぁ
(いずれにせよ バッタもんか)。

Posted by: ドクた、 | Jan 16, 2016 at 21:51

僕が勝手に庶民の代表を買って言いたい放題言ってるだけなんですけどw
それにどうせ本人はお亡くなりになってるし、文句も出ないだろうと(不謹慎!)。

このレコードなら知ってますよ。
レコード番号が違うというなら80年代に再リリースされたものだと思います。
オリジナルはMG、リイシュー盤ならSJCです。

サヴォイのサム・プライスもいいですよ。

Posted by: かふぇそ | Jan 16, 2016 at 22:24

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/63066992

Listed below are links to weblogs that reference ジャイブ33撰~Pat Flowers:

« CDベスト5~2015(その5) | Main | ファッツ・ウォーラー再び »