« December 2015 | Main | February 2016 »

Jan 15, 2016

ジャイブ33撰~Pat Flowers

Patflowers

ジャイブ33撰といっても「何それ?」か。拙ブログのサイドバーにあるフォト集なんですが、「ジャイブのレコードならこれだ!」ってのを独断と偏見に基づいて選定しているのであります。ブログ本体は更新せざること山の如しであるが、この33撰は地味に更新しているのである。
というわけで、今回29枚目に挙げたのがパット・フラワーズ。選んだLPはコレクターズ・アイテムズ盤『Friends Of Fats』。つまりファッツ・ウォーラー・フォロワーを集めたオムニバス盤である。ところでパットの単独盤LPというと仏ブラック&ブルーに一枚あるが、これが70年代に入っての録音集で、ヴィンテージ期のものに比べると正直弱い。ちなみにバックにジミー・シャーリー、スラム・スチュワートといった往時の名バイプレイヤーが付いているので、お好きな方はどうぞといったところ。
さてコレクターズ・アイテムズ盤だが、パットは全部で6曲収録(うち2曲はインストゥルメンタル)、他にエメット・マシューズ、ジーン・セドリックといったところが収められている。肝心のパットはというと、これがもうまるでファッツそのもので、フォロワーを通り越してイミテーターといったあんばい。というのもパットはファッツのマネージャーでもあったエド・カークビーに見出され、ファッツの後継者として売り出されたのであった。
Friends_of_fats21945年2月に行われた「ファッツ・ウォーラー・メモリアル・ショー」ではバックにアル・ケイシーやジーン・セドリックといったファッツのアンド・ヒズ・リズムでお馴染みのメンバーに加え、さらにゲストとしてルイ・アームストロング、レッド・ノーヴォ、トミー・ドーシー、ジェイムス・P・ジョンソン、ミルドレッド・ベイリーといった豪華な顔ぶれが揃った見事なショーであったが、同時にエド・カークビーのパットに対する並々ならぬ力の入れようがうかがわれるものだった。このときのライヴの模様はかつてLPでも出ていたが、今は上の画像のクラシックス盤ですべて聴ける。もっともこのクラシックス盤もとっくに廃盤で手に入るかどうかあやしいが。
コレクターズ・アイテムズ盤に話を戻すが、今回取り上げた『Friends Of Fats』には続編となる第2集がある。やはりパットは6曲収められている(歌入りは2曲)。他にはジーン・ロジャース、カウント・ベイシー、ルビー・スミスが選曲されている。さほど珍しいレコードでもないので、クラシックスの2枚のCDを探すよりかは、簡単に手に入ると思う。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« December 2015 | Main | February 2016 »