« アイダ・ジェイムズ最新情報 | Main | マイルスを聴く »

Jul 22, 2016

アメリカ南部黒人と東北弁

近頃刊行された『ブルースと話し込む』(土曜社)は、ポール・オリヴァーが1960年にアメリカの南部~北部へと旅行した際、ブルース・シンガーやその周辺関係者を訪ね、インタビューを行い、それを編集したものである。同著者の『ブルースの歴史』と並んで、ブルース・ファン必読の書と言えるのではないか。
Cwbというわけで、溜まっていた海外ミステリーを読破して、ここ最近就寝時に少しずつ読み進めているのだが、マンス・リプスカムのところにきてちょっと引っかかってしまった。何に引っかかったのかというと、リプスカムの言葉の訳の仕方なのでありますが。
「~(前略)~誰も教えてくりゃあせんで。~(中略)~曲名言ってみてくんな、わしが弾いてるのとおんなじようにやってたんさ。~(後略)~」
ん? 名古屋弁か。いや違うか。こりゃ一体どこの方言だ?

かなり昔だけれど、翻訳家の青山南氏のエッセイに、アメリカ南部の黒人はなぜ東北弁になるのか、みたいなのがあった。中身を要約すると、黒人でなくとも田舎もんとなると必ず「んだべさ」とか「~やっぺや」みたいな東北弁に翻訳されると。しかもその東北弁がいかにも「こんなもんでいがっぺや」的いいかげんで、東北地方のどこでも使われいないような東北弁であると、福島出身の青山氏は何とも腑に落ちない。がしかし、百歩ゆずってそれをよしとして、なぜ東北弁をしゃべらなければならないのか、それが分からない。絶対に分からない。大体ミシシッピをはじめ、アメリカで田舎もんとくればたいがいは中西部か南西部と相場は決まっている。「中西部」「南西部」のどこに「東」なり「北」の字が入っているのか! 単純に考えれば九州のナントカ弁、ないしは中国・四国地方のナントカ弁を使うのが筋ではないのか! と実に力強く述べているのであった。

さて、話を戻すと、先のマンス氏の証言のあと再びマンス氏が登場するのであるが、今度はもっと複雑なことになっている。
「やってたけんど」「~ぞな」「そうさな」「~大きいのう」「~じゃな」「~やってたんじゃ」「~やれるんさ」「~ないんだわな」
うーむ、「ぞな」まで出てきたぞな。こうなってくると、これら無国籍的方言及び語尾処理が気になって気になって仕方がない。気にならない人は全然ならないんだろうが(ほとんどの人はそうだと思う)、僕はもう一向に文章が頭に入ってこないのである。

よくよく読んでみると、全体的にはそうでもなく、マンス・リプスカムだけがなんだか田舎もん代表みたいなことになっている。でもねえ、登場人物の怪しげな言葉づかいや語尾の処理がどうにも気になって集中できないんだべさ。

|

« アイダ・ジェイムズ最新情報 | Main | マイルスを聴く »

Comments

あ、いゃあ~ たしかに青山氏の方位学的方言論は筋が通ってますが
(ちょっと僕のイメージとちゃうなぁ)
コメンテーターとしてその翻訳者さまが書かれた本を読了できませんでした
たぶん無人島へ行っても無理だと思います

という事でコメンテーターとして不適格かと思いますが
ワタクシのイメージ・独断と偏見でのUSA方言を
ブチかましますと・・イースト・コースト
(コレは誰もが納得の標準語というか東京言葉)
ですからシカゴ辺りは名古屋弁に近くなります

で、ノースやサウスダコタ、この地域こそ東北弁です、
関西弁はテキサスを発信地として南部全体を覆い
さしずめメンフィス辺りになりますと四国言葉がかかってきます

で、ディープ・サウスになりますと関西弁ですが
不思議と広島弁が絡んでくるんです

この広島弁の絡みはウェスト・コーストに端を発してます
もともとラスヴェガスが発信地ですがカリフォルニアに蔓延しました
ハリウッドやロデオドライヴとおシャレですが話し言葉は
「じゃけんのぉ~ッ」です

ラスヴェガスから発信した広島弁は下のルートにも延びて
エルパソ経由でコテコテの関西弁であるヒューストンに
阻まれながらもレッド川や大河ミシシッピの水路を経て
ルイジアナへ到達したワケです

今後の翻訳にはぜひこのイメージを採用・・・
(ダぁ~ とれッ!)
なんでそんなに冷たいのん~? crying

Posted by: ドクた、 | Jul 23, 2016 at 13:05

これはまた長文の学術的研究発表をいただき、ありがとうございます。
勉強になります。pen

僕個人の意見はですね、もっとアバウトでありまして、もしこれが
小説であれば「んだべさ」でも「そうでんねん」でも何でもいいのです。
青山氏のエッセイを引き合いに出したのは、ちょっと面白い話として
思い出したので引用しただけで、僕は別にどこの方言でもかまわないのです。
あくまでそれが小説であれば、ですが。

本書は確かにインタビューを受けての各人それぞれの証言でありますから、
それっぽい方言を付けたほうが、その人の境遇や置かれた環境といった
ものを伝えやすいといったことも確かにあるのでしょう。
しかし僕は気になって仕方なかったし(あまりに語尾がバラエティに
富みすぎだし)、何度か読まないと内容が頭に入ってこないんですよ。
だからできれはすべて標準語で書いていただきたかったです。

バビロンさん(どうされてるんですかね)のブルースマンが関西弁で
しゃべるやつ、あれホントに面白かったですよね。

Posted by: かふぇそ | Jul 23, 2016 at 20:15

遅ればせながら、読みましたコレ。
たしかに、、なんか読みづらい(汗)
なんだか一向に読み進まなくなってくるんですよね(笑)

あぁバビロンさーんっ。

Posted by: ken-G | Aug 03, 2016 at 22:01

ご無沙汰しております。
ken-Gさんの動画、拝見しました。クールっすね!

ところで、こりゃまた僕が余計なことを書いたばかりに意識がそこに
向いてしまったんじゃないかと。ちょっと反省。

方言を使うにはそれなりのセンスが必要ですね。
あぁバビロンさーんっ。

Posted by: かふぇそ | Aug 04, 2016 at 09:15

いや、すいませぬ、ココを訪れる前に読んでまして、
やっぱ気になってました(笑)
お気になさらずに。

あぁっ、動画って?!
うっわー。
お恥ずかしいかぎりです・・・。

Posted by: len-G | Aug 07, 2016 at 13:10

そうか、僕だけじゃなかったんだ、あの怪しげな方言に引っかかってのは。
いや、やっぱ、そうっすよね。

恥ずかしいなんてことはないですよ。
僕は心底羨ましかったです。

Posted by: かふぇそ | Aug 07, 2016 at 20:15

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67458/63949877

Listed below are links to weblogs that reference アメリカ南部黒人と東北弁:

« アイダ・ジェイムズ最新情報 | Main | マイルスを聴く »