Jul 22, 2016

アメリカ南部黒人と東北弁

近頃刊行された『ブルースと話し込む』(土曜社)は、ポール・オリヴァーが1960年にアメリカの南部~北部へと旅行した際、ブルース・シンガーやその周辺関係者を訪ね、インタビューを行い、それを編集したものである。同著者の『ブルースの歴史』と並んで、ブルース・ファン必読の書と言えるのではないか。
Cwbというわけで、溜まっていた海外ミステリーを読破して、ここ最近就寝時に少しずつ読み進めているのだが、マンス・リプスカムのところにきてちょっと引っかかってしまった。何に引っかかったのかというと、リプスカムの言葉の訳の仕方なのでありますが。
「~(前略)~誰も教えてくりゃあせんで。~(中略)~曲名言ってみてくんな、わしが弾いてるのとおんなじようにやってたんさ。~(後略)~」
ん? 名古屋弁か。いや違うか。こりゃ一体どこの方言だ?

かなり昔だけれど、翻訳家の青山南氏のエッセイに、アメリカ南部の黒人はなぜ東北弁になるのか、みたいなのがあった。中身を要約すると、黒人でなくとも田舎もんとなると必ず「んだべさ」とか「~やっぺや」みたいな東北弁に翻訳されると。しかもその東北弁がいかにも「こんなもんでいがっぺや」的いいかげんで、東北地方のどこでも使われいないような東北弁であると、福島出身の青山氏は何とも腑に落ちない。がしかし、百歩ゆずってそれをよしとして、なぜ東北弁をしゃべらなければならないのか、それが分からない。絶対に分からない。大体ミシシッピをはじめ、アメリカで田舎もんとくればたいがいは中西部か南西部と相場は決まっている。「中西部」「南西部」のどこに「東」なり「北」の字が入っているのか! 単純に考えれば九州のナントカ弁、ないしは中国・四国地方のナントカ弁を使うのが筋ではないのか! と実に力強く述べているのであった。

さて、話を戻すと、先のマンス氏の証言のあと再びマンス氏が登場するのであるが、今度はもっと複雑なことになっている。
「やってたけんど」「~ぞな」「そうさな」「~大きいのう」「~じゃな」「~やってたんじゃ」「~やれるんさ」「~ないんだわな」
うーむ、「ぞな」まで出てきたぞな。こうなってくると、これら無国籍的方言及び語尾処理が気になって気になって仕方がない。気にならない人は全然ならないんだろうが(ほとんどの人はそうだと思う)、僕はもう一向に文章が頭に入ってこないのである。

よくよく読んでみると、全体的にはそうでもなく、マンス・リプスカムだけがなんだか田舎もん代表みたいなことになっている。でもねえ、登場人物の怪しげな言葉づかいや語尾の処理がどうにも気になって集中できないんだべさ。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Jun 28, 2007

『ジャズの歴史』

Jazz_book1

先月、前々から探していた油井正一氏の『ジャズの歴史~半世紀の内幕』(東京創元社)の初版本を偶然ネットで発見、即購入した。奥付を見ると1957年発行で定価280円。それを600円で買った。約倍なわけだが、高いのか安いか。見てのとおり、カバーはなく(元はあったと思う)、痛みも目立つ。でも中身は結構きれいで、読む分にはまったく問題ない。
実はこの『ジャズの歴史』、改訂版なら持っているのだけれど、にもかかわらず初版本を探していたのにはわけがある。改訂版は「改訂」というくらいで、初版とは若干内容が違うのだ。初版にはあった記事が2本、別のものに差し替えられているのである。そのなくなってしまった記事の一つが「カリフォルニアのジャズ」で、どうしてもそれが読みたかったというのがわざわざ初版本を探していた理由なのだ(別に初版本趣味があるわけじゃない)。

早速読んでみたところ、想像したとおりここで触れているのは戦前ウェストコーストのジャズ・シーンについてであった。エッセイふうの文体で実におもしろい。それにつけても油井氏は文章がうまいなあ。少し前に当ブログに『戦前ウェストコースト・ジャズを考える』というにわか記事を書いたが、この本がもう少し早く手に入っていれば、もうちょっとマシなものが書けたのだが。ウソ。引用が増えただけ。
あと、今回読んでみて気が付いたのだが、油井センセはいわゆる白人ダンス・ミュージックに関してはあまり快く思ってなかったようだ。結構手厳しい表現が目に付く。「似而非(えせ)ジャズ」であるとか「ホテル・スタイルのシャンペン・ミュージック」であるとか、まるで容赦がない。センセに言わせると、あんなものはジャズではないのだろう。最近の音楽評論がつまらないのは、こんなふうにものをはっきり言わないところにあるんだろうな。そういえばトニイ・レコードの西島氏も昔のインタビュー記事で「何でもかんでもほめるだけほめて評論家でございっていうのは誰でもできる」と言っていた。そうか! よし、今日からオレも(評論家じゃないけど)けなしまくるぞ!

差し替えられたもう一本の記事は「ロックウェル・レコード」というものだった。てっきり私はオーケーの白人プロデューサー、トミー・ロックウェルに関する記事かと思い、実はこれにもかなり期待を寄せていた。が、ロックウェル違いだった。

--------------------
【ジャイヴ33選】 Vol.4~ザ・スピリッツ・オブ・リズム
Spirits_of_rhythm

The Spirits Of Rhythm (Gardenia 4009)
王道!!
最初、「ジャイヴ30選」でしたが、3枚増やして「33選」にしました。昔『THE BLUES』がやった「ブルース33選」を真似てみたんだけど。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Feb 06, 2007

Record Buyer's Diary

Record_buyer

リットー・ミュージック刊『レコード・バイヤーズ・ダイアリー』読了。
カリスマ・レコード・バイヤー、内門洋(といっても私は知らなかったんだけど)の海外でのレコード買い付けについてミズモトアキラがインタビューした記事と、実際にミズモトが内門氏の海外買付に同行したときの様子が日記式につづられている。
単純に中古レコード店の海外買い付けといっても大きく分けて2パターンあるそうだ。一つはいわゆるレアなブツを買ってきてそれに可能な限り高額な価格を付けて売るというもの。この場合は、ほんの数十枚の買い付けであっても十分に商売は成り立つのだそうだ。そしてもう一つはとにかく安いブツ(といっても「売れるもの」という条件付きだが)を大量に掘りまくってきて、薄利多売方式で売りさばくというパターンである。
内門氏は後者のパターンで、1週間ほどの旅行で大体1500枚程度を買い付けてくるらしい。1週間といっても実働は5日というから、1日300枚。だが単に手当たり次第エサ箱から抜くというのではない。何とポータブル・プレイヤー持参で、試聴しながら買うのである。だから朝から晩までレコードを買ってるんである。荒行か。
内門氏が買うレコードは、ジャンルとしては普段私が聴いているものとはまるで縁遠いもので、本文に出てくるアーティスト名などは正直チンプンカンプンではある。しかし「レコードを買う」という行為についてまわる一喜一憂はレコード好きなら面白く読めるし、また共感できるのである。
この本に一店だけ知っているレコード店が出てきた。イギリスのavidという店で、内門氏に言わせると「かなりいい店」だそうだ。ま、私が知っているといっても、もちろん実際に行ったわけではない。通販で二、三度利用したというだけ。でも何を買ったのか…。思い出せん。

Bluemoon_cd

本日、ブルー・ムーンの新譜3枚到着。仏クラシックスが活動停止状態にある中、同レーベルは我々ジャンプ・ファンが現在唯一期待を寄せるレーベルである。
それにしてもモンテ・イースターが2枚って…。あ、レヴューは面倒臭いので書かない。いつ聴くかも分からないし、取りあえず「出ました」ということだけで。

先の話に戻るが、そういえば「買う」ということで何年か前に読んだ本を思い出した。『未読王購書日記』という本。この著者「未読王」の場合は商売ではなく個人の趣味・収集として本を買うのであるが、これがもう毎日のように本を買うわけである。
で、この著書には買った本の内容や感想は一切書かれていない。ただただ誰の何という本を買ったというようなことが延々と記されているのである。一番印象に残っているのが「本を読むヒマがあったら本を買いに行く」という一節。つまりこれが「未読王」と言われるゆえんであるわけだが、笑ったな。

Monte Easter - Vol.1 1945-1951 (Blue Moon BMCD 6053)
Monte Easter - Vol.2 1952-1960 (Blue Moon BMCD 6054)
V.A. - Kansas City Jumps Vol.3 (Blue Moon BMCD 6055)

| | Comments (14) | TrackBack (1)

Jan 21, 2007

2006年買いもらしをチェックする

Ted_taylor

今月も無事脱稿。毎度のことながら神経使って書いて、おかげで今回も30本くらい抜けたな、髪の毛。大丈夫か、私の花の40代。
ところでブルース&ソウル・レコーズ誌の年末恒例記事「年間ベスト・アルバム」であるが、今回も編集部より「おまえも参加せよ」と声をかけていただいた。それで一週間悩みに悩んでなんとか3枚を選出。別に目新しいものは1枚もないけれど、興味のある(物好きな)方は本屋で立ち読みでもしてください。今、書店に並んでおりますので。ちなみに3枚とも当ブログで取り上げたものです。

で、その「年間ベスト」。他のレヴュアーの方は何を選んだのかと「ほぉ~」とか「ふ~ん」とかつぶやきながら、その年買いもらしたものがないか再チェックするわけだが、今回はコレといった“モレ”はなかった。が、しかし。年間ベストにはなかったが、巻末の日暮さんのコラムにあったのである。テッド・テイラーのオーケー録音集が。
日暮さんもあまりの世間の無関心さを嘆いておられるけれど、しかしbsrだってレヴューしてなかったじゃないかと、一応バック・ナンバーをめくっていたら、あれ、ちゃんと載っていたんだ。書いていたはブーツィーズの平野さんで、ともかく慌てて注文。年明け後しばらくして届き、早速トレーに。
う~む、そうか。いやこれは知らぬこととは言え、私が悪ぅございました。

CDではないが、同じくbsrで紹介されていた本もついでに注文した。『ロックを生んだアメリカ南部』というタイトルで、アメリカン・ルーツ・ミュージックであるブルース、ジャズ、ゴスペル、バラッドなど、その生まれ育った社会的背景を探るといった“カタイ”内容らしい。いつもお世話になっている濱田編集長が「五ツ星!」なんて書いているし、値段も手頃なのでついつい注文してしまったんだけど。しかしこのテの読み物はなかなか最後まで読み通せないんだよなあ。根気が続かないし、近頃では本は3ページも読むと眠くなる始末。おまけに目までも…。積ん読か。

Ted Taylor - The Ever Wonderful: Okeh Uptown Soul 1962-1966 (Shout! 26)
『ロックを生んだアメリカ南部』 (ジェームス・M・バーダマン、村田 薫著/NHKブックス)

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Aug 02, 2006

いづみやのおやぢ

しかし、ついこの間まで毎日ドサドサと降る雨にうんざりさせられていたわけだが、今度は連日のこの猛暑である。地球温暖化現象はかなり深刻なところまできているのではないか。ストップ・ザ・温暖化。って何だ、公共広告機構か、これは。いや、早くも夏バテですということが言いたかっただけでした。すんません。

夕べは久しぶりに「いづみやのおやぢ」こと、仙台の佐々木健一さんから電話があった。そもそもの用件は御用聞きなのだけれど、本題はそこそこに「そっちは雨やら暑さはどうよ。"Flood Water Blues"だったんじゃないの?」と早々にブルース、レコードの話へ突入し、例によって長電話となってしまった。
ところで私、数年前から梅雨時期のレコードの湿気対策が悩みのタネだった。よく震度6の大地震が体験できる地震体験ルームみたいなのをテレビで観たりするけれど、私の部屋の場合、高温多湿の亜熱帯気候体験部屋みたいなんである。もちろん、エアコンなんてない。それで、佐々木さんにその辺のところをどうしているか聞いてみた。すると、何と時々エアコンを回しているとのこと。もちろんレコードのためにである。なんでも佐々木さん自身は、クーラーはあまり好きではないらしい。店はクーラーを入れてないとも言っていた。
う~む、美術館並みの管理体制か。恐れ入りました。

さて、その後はレコードの話へ。今回は主に「あのレコードをいくらで買ったか」で、T・ボーンのキャピトル10インチ盤を○○ドル、ライトニンのヘラルドを○○ドル、ギャントの聞いたこともない4スターの10インチLPは○○ドルと、どれも驚きの安値。唯一大枚をはたいて買ったのがジョン・リーの「King 727」。大阪のサカネ楽器で買ったらしいのだけれど、そのことを『ザ・ブルース』に原稿を書いていた田中敏明氏に言うと、田中氏曰く。佐々木さんが買ったのは3枚入荷したうちの1枚で、あとの2枚は誰が買って、しかもそれはどこからいくらで仕入れたものでと、その3枚のキング盤は何から何まで知られていたというオチ付き。そしてその後も興味の尽きない話が次から次であった。
普段インターネットやらメールでのやりとりが多くなっているせいか、電話での声と声のやりとりが何だかやけに新鮮だったなあ。

Blues_cd_guide

今夏、ブルース・インターアクションズから発売となった新版の『ブルースCDガイド・ブック (2.0)』。夏にブルースは暑苦しくて聴けないが、これを読んで聴いた気にでもなるかな。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Apr 02, 2005

R&B SINGLES 1942-2004

知っている人は知っている、ジョエル・ホイットバーンのチャート本『Pop Memories 1890-1954』だが、ホームページのディスク・レヴューを書いたりするときなど、何かと参考にさせてもらっている。個人的には戦前/戦後のディスコグラフィ、『Blues Records』と同じくらいに大事な資料である。
しかしながらブルース・ファンの間では『Blues Records』ほどには話題にのぼらないようだ。確かにライターでもない限り、そこまでは必要ないということかもしれない。だけど、ブルース・レコーズなんかよりよっぽど楽しめると思うんだけどな。面白い発見もあるし。

rb_singlesところで、『Pop Memories』に記してあるのは1954年までのチャートである。大抵の場合はそれで事足りるのだが、たまにその後のものや、あるいはR&Bチャートが知りたいことがある。で、もちろんというか、ありがたいことにそれも出ている。実はホイットバーンのビルボードR&Bチャートを記した最新改訂版、『Top R&B Hip-Hop Singles: 1942-2004』が出たのでこれは良い機会!とばかりに注文して、やっと先日届いたのである。なかなかの重厚感あふれるたたずまい。これを『Blues Records』と並べて、う~む、う~むと悦に入ったりしているわけである。

さて、中をパラパラと見てみると、例えば「チャールズ・ブラウンは以外とチャートを賑わした曲というのは少ないなあ。それに比べるとナット・キング・コールは格が違う!」とか、「ルイ・ジョーダンのヒット・メイカーぶりはやっぱりすごい!」なんてことに改めて気付かされる。また余録として、マディ・ウォーターズの"Mad Love" (Chess 1550)の相場が$175ということも分かるし、また年別のトップ20アーティストを見てみると、「へぇ~!」なんてのが結構あったりするのである。
本書はアーティスト別に編集されているが、曲名でも引けるし、その他興味深い資料も満載である。ネタ本ばらしみたいなことはホントはしたくないが、興味の沸いた方はどうぞ。私はレコード・リサーチ社から直接買ったが、海外通販は苦手という方はアマゾンでも扱っているので、そちらを利用されるといいだろう。え?とっくにご存じ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)