Oct 28, 2016

ラリー・デイヴィスのデューク録音

Python_plp24

ラリー・デイヴィスの初期録音、つまりDukeですが、まとめて聴けるCDってないんですかね。かつてはパイソンのLPがあったが、パイソンてどれもけっこういい値段するし、それにアナログ盤にはもう手を出さないと決めている。あと、ラウンダーのLP『Angels In Houston』に3曲収録されているが、これは持っている。
ちょっと調べたら、パイソン盤に収録されているラリー・デイヴィスは全部で5曲だが、そのうちデューク録音は3曲で、これらはラウンダー盤とまったく同じだった。
ラリーは単独盤として出せるほどデュークに録音を残していないが、そこそこある。私家盤でもいいのでどこかまとめて出してくれませんかねえ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Sep 06, 2016

ツイッター

Pman01ずっと放置したままにしておりましたが、最近ぼちぼちとつぶやいております。当ブログと違って半分くらいは自転車関係のつぶやきです(ほとんどはリツイートですが)。音楽関係はブログと重なる部分も多いのですが、よかったらのぞいてくださいませ。
相互フォローも致します。

https://twitter.com/bon502

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Feb 08, 2016

栄光への脱出

ディズニーものをはじめとする映画音楽のカバー・名演はたくさんあるが、ポール・ニューマン主演の「栄光への脱出」のカバーについてはご存じであろうか。
『スタンディング・トール』で心あるファンの不興を買ったクルセイダーズだが、僕にとってのクルセイダーズは『南から来た十字軍』でも『ラプソディ&ブルース』でもない。まだバンド名に「ジャズ」を冠していたころのクルセイダーズで、ギターはラリー・カールトンではなくロイ・ゲインズだった。
Jazz_crusaders僕の学生時代はちょうどフュージョン・ブームでアール・クルーやボブ・ジェームスなんかがよくラジオでかかっていた。でもポップすぎて僕にはかなり抵抗があったなあ。
そんな折、ラジオで耳にしたのがジャズ・クルセイダーズだった。中でもウェイン・ヘンダーソンのトロンボーンでじわーっと滑り出し、続いてウィルトン・フェルダーのサックス・ソロが躍動する「Theme From “Exodus”」、邦題「栄光への脱出」が実に何とも素敵だった。残念ながら二人とも一昨年、昨年と相次いでこの世を去って行ってしまった。そうだ、スティックス・フーパーのドラムが僕は好きだった。彼は存命だったか。
ついでに言っておくと僕はこの映画、観たことありません。


| | Comments (4) | TrackBack (0)

Feb 03, 2016

ファッツ・ウォーラー再び

Fatswallerstory

2年ほど前、LPを大量処分したことは何回も書いているとおり。そしてやはり若干後悔の残る物件も少なからずあるわけである。
ファッツ・ウォーラーは僕の3本の指に入るフェイヴァリット・ミュージシャンで、それなりのボリュームでレコードを持っていたわけだが、実に思い切りよく処分してしまった。実際そんなにたくさん持っていても聴くことはほとんどなくなっていたし(既にたっぷり聴いている)、CDでだって聴ける。それにファッツのレコードをある程度買われた方ならおわかりだろうが、人気の証しというべきか、ファッツのレコードは買えば買うほどダブリが出てくるのである。ジャケ(レーベル)違い中身一緒というものもかなり多い。そんなこともあって、愛着のあるほんの数枚だけを残して手放してしまったということなのである。

ところが案の定「うーん、しまったなあ」というのが出てきた。それが、ファッツのトランスクリプション音源なのである。
ファッツのトランスクリプションものというと、(コアなファンなら言うまでもなく)ムザークとロングワースである。ムザークは2枚組ボックス、3枚組ボックス、米英欧、コレクターレーベルと各種出ていた。ロングワースもしかりである。しかし、この二つは問題ない。ちゃんと手元に残してある。ファッツのコアなファンを自認するわけだから当然である。因みに残したのはムザークが英RCA盤、ロングワースは10吋2枚。
しかし問題はその他雑多なライブ音源、エアチェックものである。これがことごとくないのである(あ~あぁ)。いや、当然CDでだって出ているはずから、それを探して買えばいいわけだけど、どれが該当するCDなのかがわからない。調べるのも面倒。だからといって、ダブリ覚悟で今度はCDを買い集めるなんてバカげている。
そんなわけで、手放してしまったレコードを買い直すという愚行。まったく何やってんだか。

珍盤中の珍盤にして、ファッツ最大のレア盤といわれるあの1枚は未だ入手できていない。むかしeBayで見たが落とせなかった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jan 23, 2015

タモリ?

Tamori

たまたまアマゾンで見つけたんだけど。ライトニン・ホプキンスのつもりだと思うのだが、どうみてもタモリ。しかしジャケにはライトニン・スリムとある。一体なんなんだ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Jan 06, 2015

CDベスト5~2014

2014年に買ったCDの中からベスト5を。ていうか、2014年に買ったCDが5枚と言ってもいいかもw
順不同です。
■V.A. - Bluesin' By The Bayou ~ Rough 'n' Tough (Ace)
■EDDY GILES - Southern Soul Brother (Ace)
■V.A. - Irish Dance Music (Topic Records)
■V.A. - Ya Gotta Quit Kickin' My Dog Around (JSP)
■DAVID KIKOSKI - Inner Trust (Criss Cross)

アイルランドのダンス・ミュージックについてはアメリカン・ルーツ・ミュージックとして昔から興味を抱いていて、なかでもユニバーサル・ミュージックから出ていた『フィドラーズ・フィールド』は愛聴盤の1枚だった。そこで聞かれるジグとかリールとかが好きで、常々他にCDがないものかと思っていたのだけど、そんな中ライス・レコードが『アイリッシュ・ダンス・ミュージックの名手たち』という、まさしくこれは私にドンピシャのタイトルではないかというCDをリリースすることが判明。よっしゃ注文へと。ところがこのCD、実は95年にトピック・レコードがリリースしたもので、さらにはフォークウェイズのLPが元になっているという由緒正しきものだった。というわけで安い輸入盤の購入へと至った次第。
JSPは20~40年代のカントリー/ヒルビリー集で、これはボックスではない。しかしそこがいいところ。カーター・ファミリー、クリフ・カーライル、デルモア・ブラーズ、ダービー&タールトンはやっぱりいいなあと思いつつ、でもこれらのアーティストの単独盤、昨年ほとんど手放してしまったんだよなあ。まったく何をやっているんだか。
デヴィッド・キコスキーは98年クリス・クロス。これはレオン・パーカーのドラムに尽きるのではないでしょうか。
『Bluesin' By The Bayou』と『Eddy Giles』はコメント割愛。

Blusin_bayou2Ya_gotta_quit_kickin2Orish_dance_music

Eddygiles03David_kikoski

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 22, 2014

ブルース&ジャズ・ピアノ33撰~盤外編2

We_threeおなじみ『We Three』。ドラマーのロイ・ヘインズのリーダー・アルバムではありますが、ジャズ・ピアノ愛好家なら、知らないなんて人はまずいない名盤であります。ピアノは技巧派中の技巧派ピアニストとして、前回のテテ・モントリューと双璧をなすフィニアス・ニューボーンJr。
フィニアスの代表作というとコンテンポラリーやアトランティック盤がよく挙げられるが、このディスクはポール・チェンバースにロイ・ヘインズ(あのスネア!)とのトリオでグイグイ迫って…と言いたいところなのだが、久しぶりに聴いてみたら、なんか古臭いんだなあ。このところずっとテテや90年代のピアノ・トリオを聴いていたせいもあるんだけど、それにしてもコナン・ドイルとジェフリー・ディーヴァーぐらいの差がある。あー、かつての感動やいずこに。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Oct 16, 2014

ブルース&ジャズ・ピアノ33撰~盤外編1

Tete_montoliu少し前のこと、ラジオでかかったテテ・モントリューの“Sweet Georgie Fame”。ピアノ、ベース、ドラム、三者のタイトで緻密なインタープレイに、現代ピアノ・トリオ(といっても70年代だけど)のあまりのカッコよさにいたく感動してしまったのである。
テテというと同じく盲目のピアニスト、アート・テイタムに勝るとも劣らぬ技巧にビル・エヴァンスの繊細さを加え、独特の語り口で畳み掛けてくるピアニストというのが一般的(?)なイメージか。僕はといえば、テテについてはスティープルチェイスの数作と名盤と目される『Piano For Nuria』を聞きかじった程度。
というわけで数日の後、同曲が収録されいてる『リネの想い出』を改めて聴いてみると、若干ECMっぽい空気感に「あれ? こんなんだったっけか?」と。まあよくあることだけど、しかし同時に「これはひょっとして」という、いい兆候も感じられる。案の定、めげずに聴いていると、じわじわ来る。第一印象があまり良くなかっただけに、はまると飽きにくいのだ、こういう盤は。
現代ジャズ(だから70年代だってば)も悪くないね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sep 25, 2014

CAFE SOCIETY

Cafe_society03

以前「CAFE SOCIETY」というディスク・レヴューを中心としたホームページを持っておりました。が、ちょっとした不注意から消失させてしまいました。バックアップも何もとっていなかったので、復旧の手立てもなく涙を飲むしかありませんでした。
ところが先日ひょんなことから僕が書いたテキスト・データが出てきたのです。ちなみにホームページには3人の書き手がいたのですが、皮肉なことに残っていたのは一番中身のないことを書いていた僕の分だけという…。なんともはやで。
当時書いたものを今読み返すと、なんとも稚拙、恥ずかしげもなくよくもまあと、ただただ呆れるものばかり。しかし! 実は今、これら赤面ものの文章にちょこちょこ手を入れ、何とか読むに耐えうるものにして(大して変わりませんがw)、新しいブログに載せるべく日々移行作業を行っているところなのあります。まったく懲りない人間です。
ただし今回のブログは一般公開はせず、会員のみの限定公開にしたいと思ってます。しかしそんなもの好きな人っているのだろうか。もし「読者会員になってもいいぞ」という奇特な方がおられましたら、僕宛にメールをください。閲覧できるまで、いましばらく時間がかかるとは思いますが。
メールは左サイドバーのレスター・ヤングの写真の下にある「About」からどうぞ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Sep 20, 2014

ブルース&ジャズ・ピアノ33撰~Vol.7

Py4416すみません。またまたこのジャケットです。チャーリー・スパンドの単独盤LPというとジョニー・パースのドキュメント・レーベルにも一枚あるが(BD-203)、それは本盤から漏れた曲を集めたもので、スパンドの定番LPというと、やはりフランシス・スミス監修のこのマグパイ盤なのであります。
スパンドは同じくパラマウント所属のブランド・ブレイクとのコンビで絶妙の絡みを聴かせる代表曲“Soon This Morning”をはじめ、20曲以上を同レーベルに残す。大抵ある程度の録音量を持つとワンパターンに陥りやすいものだが、スパンドにはそれがない。ブギよしスローブルースよし、さらには滋味な味わいのヴォーカルもこの人の武器で、すべての曲に何かこう深みがあるんだな。
ちなみにフランシス・スミスはCD時代になって、ヤズーでピアノ・シリーズを監修し、スパンドの単独盤を出している。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧